興味津々
日記です。
『大掃除』
本行寺の空blog01

本行寺の空blog02
  昨日12日午前中は豪雨と雷で大荒れにあれ、夕刻まで
箕面方面の空は真っ黒に、傘を離せない一日であった。
 一夜開けると、うって変わって天高く、快晴、秋の雲、
運動会日和というのか、 大空の『大掃除』の後のようで気
持ちがいい日である。
 写真は 本行寺のお墓から見上げた空と鬼瓦である。
光松寺の空blog01

光松寺の空blog02

光松寺の空blog03
 三枚目の写真は本行寺の左隣にある“光松寺”で、
その上の空で、四枚目の写真は鐘つき堂の屋根と
鬼瓦、そして獅子を形どった魔除けの瓦である。
民家屋根瓦blog01
 ちょうど真向かいの旧家の土塀の瓦に兎の形を
した瓦が、この場合の兎の意味を知りたい。
『四文字熟語』
20170910栗の木blog01

20170910栗の木blog02
  またラジオ体操の話題で恐縮、今朝9月10日の体操中、
後ろにいた“おしゃべりジジイ”が、突然 「いたっ 帽子か
ぶっていてよかった」・・・の声がした。 頭上の栗が一つま
ともに頭に命中したらしい。
 写真はその栗の木で、たった1本ではあるが、実を沢山
付けている。 もうすぐ栗ご飯が食べれるのか?

 家内は以前からクイズが好きで、特に“ナンプレ”中には
声がかけられない。 同誌に四文字熟語のクイズもあり、
特に感銘を受けたのが【家書万金】という語で、その意味
はと聞くと家族、肉親からくる手紙や葉書は金にも値し、
一番うれしいものであるとの意味らしい。
 小生のネタ帳に登録を・・・いつか何かのときに引用しよ
う。
『虫が好く人、好かん人』
20170810セミblog02
 ここのところ 話題がラジオ体操ばかりで恐縮。 最近行動
範囲が狭く、正直 ブログネタに困っている。
 やはり今朝のラジオ体操前に、どこから着いてきたのか、一
匹のクマゼミが左足のズボンのすそに、・・・それまで いつも
の準備運動まで気がつかなかった。 ひょいと左足をバーに
引っ掛け、ハムストリングをストレッチしようとしたところでその
セミをみつけた。 いっこうに逃げそうにもなく 虫、いや無視
して所定の場所に移動・・・そばにいた年配の男性と女性に
目を合わし、足元を指さし、「私 虫の好く人」というと、にやっ
としただけで反応が薄かった。
 『虫が好かん』という慣用句・・・昔からヒトの体内に“虫”が
いて、人間の感情を支配していると考えられていた。
「かんの虫」、「腹の虫」などが用いられている。

 ところでその足元 地面では、アリがうろちょろ、うろちょろ
・・・見つけにくい、今噂の“ヒアリ”でなくて良かった。
ヒアリblog01

ヒアリblog02
 兵庫や大阪でもみつかったという。
はとblog01
 ラジオ体操の帰り、多くの鳩が、餌待ちしているのか1箇所
に集合(餌付けは禁止の立て札があるのに)。
 ここで、“ヒアリ”と“鳩”で“ヒアリハト”、いや帽子の方が良
かったかな・・・“ヒアリハット”。「できたブログネタ」と虫が騒
いだ。
『不明門前の木橋』
高槻城不明門発掘現場blog01
 8月11日(祭日:山の日) やっぱりラジオ体操の帰り道。
ちょうど市民プールの跡地の東側(高槻第一中学校の向い)
の囲いの幕がはずされていて、金網越しに高槻城の不明門
に渡す堀の部分が発掘されているのが見えた。
現場は野球専用の市民グランドの跡地である。
 右の建物は市民会館でその先(西)に市役所がある。
 城跡公園や近くの歴史博物館の周辺には、高槻城築城
400年と記した旗が所々で設置されている。
高槻城不明門発掘現場blog02
 ドローンがあればなー と思いながら背伸びをして撮影。
高槻城遺跡blog01
 確か、讀賣新聞の記事をスクラップブックに貼り付けてい
たはず・・・と本棚をあさった。
【2017年6月2日 金曜日 讀賣新聞 北摂板 25頁より
引用】
『7月30日の蓮』
20170730本行寺蓮blog01
『7月30日の蓮』で、本行寺での開花は遅く、この時点でも
いくつも、赤と白の蕾を残し、ラジオ体操の帰り道に観賞で
きている。

今朝 8月8日でも、赤と白の花と蕾を4輪残している。
蓮の絵blog01
 この図は、8月1日に見た一輪の花をモデルにし、はがき
大の薄い板に4枚描き、木製のはがきにし、いつしかポス
トに入れる。
copyright © 2005 興味津々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.