興味津々
日記です。
『石切さん その5』
 参道商店街の途中で、三機の張子の牛を挟むように両脇に
二機のお神輿が、外から見えるように飾られていた。
石切神社blog14
石切神社blog15
 ネットで調べると献牛祭と称し、鎌倉から江戸時代にかけ盛
んとなり、昭和初期まで石切神社で執り行われた神事だそう
です。
 田植えを終えた農家では、働いてくれた飼い牛の労をねぎ
らうため、ごちそうをふるまったあと、牛をきれいに飾り、神社
に参拝をして、五穀豊穣と家内安全を祈願したとあります。
 昭和65年丑年に因んで、この祭が復活され、以来毎年献牛
祭を執行し、張り子の飾り牛を中心に、パレードが繰り広げら
れます。あわせて、案山子コンクールも開催されております。
毎年7月2日です。
http://www.isikiri.com/kengyusai.htm

石切神社blog16
右端の引き戸に面白い札が・・・畑用の肥料に馬糞を入用の方
はお気軽に神社職員までという掲示板。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 興味津々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.