興味津々
日記です。
『20年ぶりか?』
 21日 金曜日午後3時過ぎだったか、突然の「ごめんください」
「吉向と申しますが・・・」で奥にいた小生はかすかにその名を
聞き、もしや20年ほど前までお世話になっていた陶芸教室の先
生ではと思いながら、玄関まで。

 立派なひげで包まれた顔であるが、勿論面影は・・・吉向窯
八世松月 吉向そう斎氏で、確か弟さんはゆ薬を専門に勉強さ
れたと記憶している。

 「おー お懐かしや! こんにちは まーどーぞお上がりくだ
さい」ということで思い出話に。

 こられた理由は、先代の 吉向窯 七世松月の蕃斎先生が今
年“米寿”を迎えられ、足腰は弱られたがそれに因んで“米寿記
念茶碗”を88個作られたとのこと・・・そこでお知り合いの方に
案内させていただいているとのことでした。 
お一つ26万円だそうです。

 ところでお話の中に 大河ドラマで先代のお茶碗が使用された
とこの写真を・・・なるほど懐かしい楽焼きの形と釉、上品で
穏やかな景色。 

吉向茶碗blog01
 「お時間がありましたら、遊びに来てください(私市の国定
公園内のハイキングコースの途中)」 
『20年ぶり』の懐かしい話ができました。
枚方で窯を開いて100年にもなるらしいです。
 ホームページは→http://www.kikkogama.co.jp/
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 興味津々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.