興味津々
日記です。
『カーテン越に』
1週間前から6人部屋の窓際の住人になりました。

 そこでは 様々な人間ドラマがかいま見え、うかうか
寝てはいられません。 そこで驚いた一話を紹介します。

       設定は『カーテン越しに』

 サッカーの練習中に左の前腕部を骨折した9歳の男の子が
退院間際に、世話になっていた男性看護師に向かってこう聞いた。

 「なー おっちゃん なんちゅう名前?」、他の患者を世話し
ていたその看護師がカーテンの中から「○○孔明です・・・」。

 だまっておれず向かいのカーテン越しに小生が「えっ もしか
して 諸葛孔明?の孔明さんですか?」

 「そうです親父が“三国志”の大のファンでして」・・・。

 「すごい じゃ兄弟の名は?」

 「はー 妹が“芙蓉”(劉備元徳の初恋の女性)と申します」

 「弟は年が離れすぎて普通の名前ですが・・・」とカーテン
(幕)が開き、その看護師と目が合い、胸の名札を見ると、確か
に“○○孔明”と印字されていた。そういえば教養高いお顔つき。

 後から思えば、阿波の“巡礼お鶴”のワンシーンの如し。

 【あっ そうそう これにて 一時休養をいただき あと3
週後には たくさんのネタをぶら下げて帰ってまいりますので、
引き続きごひいきに!】
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 興味津々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.