興味津々
日記です。
『やもり君』
やもりblog01
やもりblog02
やもりblog03
 写真とほぼ実物大の『やもり君』・・・もしかしたら女の子?
ネットで調べると、「やもりの飼育法」と「やもりの駆除法」が
あった。

 爬虫類や両生類をペットとして飼育する人の気が知れない。
特に蛇を首に巻いてにやけている人は・・・チョー キモイ!
中には大きくなりすぎたり、飼育しきれなくなりはなしてしまう
のは迷惑である。それがどこかで繁殖でもしようものなら。
 駆除の理由は、気持ち悪いや恐いがあるが、結構“ダニ”が
体の表面に寄生しているかららしい。

 いずれにしても小生はそのままかまわない方がいい。

 40年ほど前、西表島西部の民宿に20日ほど宿泊した時、夜
にボットン便所に行く度に、戸をあけると『やもり君たち』が
数匹天井から、壁から落ちてきたのが脳裏に焼きついている。

 昨夜 友人と電話での会話で、「ガレージに蜂の巣があり、
辺りに蜂が飛びまわっているので、市役所に駆除の願いをした
ところ、“スズメ蜂やクマ蜂”でないと応じられない」・・・
といわれた。 しかたがないので友人は、脚立にのってその巣
を取り落とし、ビニール袋に入れたまではよかったが、素手で
その袋の口をくくっている時に、袋の中にいた蜂におやゆびを
刺された・・・と。 「痛かったー、つけねまで腫れた・・・」
      “泣きっ面に蜂”ですなー。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/07/29 (金) 02:14:35 | | #[ 編集]
ありがとう!
コメント ありがとう! 中学生の時に「やもり」という仇名の英語の先生がいましたよ。 昨日はおばあちゃん宅へ行っていただいてありがとう。 喜んでいたよ。
2011/07/29 (金) 08:05:54 | URL | オキザリス #XpYjkc8U[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 興味津々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.