興味津々
日記です。
『京都で花見 その2』
岡崎blog01
ポーン、ポーンと楽しそうにプレイするテニスコートに沿って
疎水にでると、ちょうど“やかた船”が、船内から見る桜は格別
であろう。 桜のむこうが“京都市立美術館”・・・今は親鸞聖人
についての展示がされているようだ。
平安神宮blog01
 大鳥居をくぐってから 「まだ喪中やったなー まぁーいいか」
ということで、“応天門”へ。 人気が少ないようだが、たまたま
この瞬間だけで、周りには大勢の人が、道路沿いには観光バ
スも。 しかし、東北の大震災がなければもっと沢山の観光客で
埋まるのであろう。 
蒼龍楼blog01
 京都平安神宮の“応天門”は天応元年(西暦781年)に第50
代桓武天皇が即位され、建てられたものとのこと。
 写真は境内に入り、本殿に向かって右にある“蒼龍楼”で、
対称的に左にあるのが“百虎楼”だそうだ。
本殿から見た“右近の橘”と“左近の桜”・・・大きな桜で、花は
咲きり、若干色がくすんでいるようだ。
      時間的にお庭に入れなかったのが残念!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 興味津々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.