興味津々
日記です。
『京都で花見 その1』
 毎年 家内との“花見”は嵐山が定番であったが、今年は
平安神宮へ。 ちょっとその前に“くろ谷 金戒光明寺”へ。
 市バス203番で岡崎道で下車、熊野神社を左に見て右折、
徒歩10分のところ。 小生はここが初めてである。
 このあたりは“クスさん”の学生時代の縄ばりらしい。
金戒光明寺blog01
 この参門を何度もタクシーや乗用車が通過し、歩行は石垣
に沿って歩道を。
金戒光明寺blog02
 目的の桜はもちろん スケールも迫力も違い堂々としたもの
である。 結構 カメラ女子が高級そうなカメラで空をバック
に、角度を変えながらカシャ、カシャ・・・と。 そうかと思
うと、かなり年配のご婦人が携帯電話でカシャ、カシャやって
いる。 この方の場合 なんというのだろうか・・・
“カメラ・・・?” 案外おじいちゃんはなにもしないでいる。
金戒光明寺blog03
 釣鐘を被写体に・・・京都市内が一望に・・・拡大写真では、
右の木に下に“平安神宮の鳥居”と“京都タワー”が写ってい
る。

 比叡山をでた法然さんが今仏同乗として“光明寺”を建て、
その後 後光厳天皇から“金戒”をいただいたというのがいわ
れらしい。 また、新撰組の支配下に置く京都守護職の本陣に
もなった寺院であるとも。 知恩院と並ぶ格式ある浄土宗の大
本山の1つであるらしい。

 法然さんは没後800年で 壮大な供養の記念式典を計画され
ているようだが、“東北沿岸大震災”の犠牲になった人、また
避難生活を強いられている方々のために、来年に延期するとの
立て札が立てられていた。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 興味津々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.