興味津々
日記です。
『季節コース』
2010.11.25ドウダンつつじblo
 昨日 出先での“ドウダンつつじ”、夏にはくもの巣が張って
いた薄緑の葉っぱが真紅に。
じっと見ると ライオンが満腹のためか、またあくびをしたのか、
大きく口を開け、舌を出して口の周りをなめているようにも見え
るのは小生だけか?
2010.11.25築漸blog01
 午後6時半から 母親を囲んで姉妹と家内の5人で夕食に。
『季節コース』と『鴨コース』とがあり、前者をオーダー。
写真は半ばに出された“栗の天ぷら”(栗をイカの練り物で
包み素麺でイガイガをあしらったもの)・・・五感をフル活
用でお腹に。
 この桜の葉っぱは“芥川の堤”の落ち葉か・・・なるほど
しっかり演出してる。
 銀杏、茄子、しし唐、黒い小粒のものは“むかご”らしい。
家内はそのいくつかを含む“数え歌”を知っていた。しかし
トウのつく野菜が思い出せないとのことで検索を。

 イチジク(無花果) ニンジン(人参) サンショ(山椒)
にシイタケ(椎茸) ゴボウ(牛蒡)にムカゴ(零余子)
ナスビ(茄子)にハクサイ(白菜) キュウリ(胡瓜)に
トウガン(冬瓜)

 地域によっては野菜が変わり、「仲良し文庫・11月号」には
「日本語大好き」というコーナーに出ているらしい:
~六はムクロジュ(無患子)、七は七草、八はハツタケ(初茸)
~となっているとあった。

 多くが薬にもなり、身体にいい野菜を子どもたちに啓発する
ような昔の人の知恵袋を覗いたような気がする。
 
 いずれにしても楽しいひと時であった。 「ご馳走様!」 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 興味津々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.