興味津々
日記です。
『虫つながり』
熊田千佳慕blog01
  2010年9月15日~27日 大丸心斎橋店イベントホール(北館
14階)で 虫と花の細密画家 プチファーブル“熊田千佳慕展”
が開催される。

 彼は1911年(明治44年)生まれで、2009年(98歳)に亡くなら
れている。東京美術学校(今の東京芸術大学)を卒後、戦前は
デザイナーとして、戦後は“ふしぎの国のアリス”、“オズの魔
法つかい”、“みつばちマーヤの冒険”などなど数々の有名な
絵本をてがけ、60歳ごろに“ファーブルの昆虫記”を絵本化す
ることをライフワークにされたという。

 このチラシの“お顔”はお幾つのときなのか気になる。実邪気
に遊ぶ 純真なこどものような可愛いお顔・・・いいですね。
 
 『虫つながり』ということで案内させていただいた。
大丸京都店ではなく“大丸心斎橋店”です。お間違えないように! 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
横浜でもこの展覧会が開催されてました。
私は時間がなくていけなかったんですが、娘が行ってきて、虫の世界にどっぷりはまってきました。

熊田千佳慕さん、地べたに、はいつくばって観察されるので、行き倒れの老人と間違われてとか。
ご長寿で活躍され、チャーミングな方でしたね。
2010/08/27 (金) 20:23:36 | URL | きり #-[ 編集]
おもしろいお方!
キリさんはおもしろいお方ですね。 実は、昨日私も、“ドウダンつつじ”で待ち伏せしている蜘蛛を10分ほど観察していました。腰の下ぐらいの高さにある蜘蛛の巣を前から、後ろから、上から、下から観察していて、はっと我に返り、遠くから見た人からは“不信人物”だと思われているのでは・・・と。
 蜘蛛の巣が三枚重ねに張られ、1匹増え、2匹が別々網に、もしかしてガールフレンドではないか? とか 白い粒粒は捕獲した餌か、はたはた卵なのか・・・なーんて。
2010/08/27 (金) 23:23:06 | URL | オキザリス #XpYjkc8U[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 興味津々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.