興味津々
日記です。
『Gracias Amigoその2』
アンデス山脈blog01

 また señor CESAR LA TORREの写真を拝借。
 アンデス山脈は 南アメリカの太平洋岸沿いに南北に
つらなる世界最長の山脈。
 ペルーを含む6カ国にまたがる山脈で、長さは約7240km、
東西幅は平均240km。平均標高は3660mで、アコンカグア
6960mを最高峰に6000m級の高峰が多数あるとのこと。
 写真はその内の一つの高峰で、名前は聞き忘れた。
 “クスコ”から見た高峰には違いない。別世界!
クスコ町並みblog01
 “クスコ”は“ケチャ語”で“ヘソ”という意味で、なるほど
標高3000m級で盆地になっている。いわば“デべソ”なのか。
 11~12世紀ごろにペルーの一県として創られたが、
16世紀にスペインに占領されたとか。
 しかし“マチュピチュ”は見つからず、壊されることはなかった
とか(よかった)。 宗教はクリスチャンらしい。
 やはり町の色と住居はやはり“ラテン系”である。
写真は厚い雲間から町の中心を太陽の光がさし、神秘的で
である。もとは太陽神であったことが納得できる。

         『Gracias Amigo』
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 興味津々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.