興味津々
日記です。
『眼病の薬師さん』
新井薬師blog02
11日 夜の8時前に 新井薬師を拝観に(写真は参門)。
梅照院徳川家2代将軍の秀忠公の第5子和子が患った
眼病が祈願して快癒したことから目の薬師として昔から
多く信仰されたらしい。
 梅照院(ばいしょういん/新井薬師)のご本尊は、薬師
如来と如意輪観音のニ仏一体の黄金仏で、高さ一寸八分
(約5.5cm)の御尊像です。
 この御本尊は弘法大師御作と言われており、鎌倉時代の
代表的な武将、新田家代々の守護仏でした。
しかし、鎌倉時代から南北朝にかけての戦乱のさなかに、
ある日の夕方、御尊像を納めたお城の仏間から忽然と
光が放たれ、それとともに御尊像は消え失せてしまいました。
・・・と下のアドレスから引用しました。
 そのニ仏一体の薬師さんと如意輪観音は寅年でないと開帳
されず、それ以外は秘蔵となっているらしい。
http://www.araiyakushi.or.jp/p02.htm

新井薬師blog03
 写真は本殿の正面の軒下部で、戸はしっかり閉められていた。
しかし、お賽銭をいれるポスト様のアナはしっかりあいていたので、
三人とも10円ずつ掘り込んで手を合わせた。
「お爺ちゃん、お婆ちゃんの体をどうぞお守りください」・・・と。
そのアナに顔をくっつけてのぞいたが何も見えなかった。
 弘法さんだからか 毎月第一日曜日には アンティック フェア
があるとのこと・・・面白そう。
 京都の東寺は毎月21日 曜日が定まらず 行きにくい。
 近くなのに一回しか行ってない。

 ところで前にも紹介した商店街の特徴的なお店の紹介が
したのアドレスでどうぞごらんください。
http://www.e-894.com/
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 興味津々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.