興味津々
日記です。
『銘木百選』
 お盆休みは無事終わり。昨夜16日 送り火を・・・。
 今朝 ちゃんとお墓に戻らはったかどうか、お墓へ確認に。

 昨日から 甥が来てくれて、彼の父親と加賀市の山中温泉
菅谷町にある“工房 千樹”へ行き、いろいろ原木から作製
工程など説明を聞き、作品を見せてもらったとのこと。

 小生も木彫をしているので、興味があるだろうとのことで、
撮影した写真を見せてもらった。その中の一枚を見て、
「なるほど銘木百選の漢字、おすし屋さんのコップみたいやね」
彼に頼んだ「この写真頂戴」・・・と。
 この解説を知りたいので、“佐竹康宏”で検索するとあった。

 ところで 佐竹康宏氏の肩書きは“木地師”とあり、伝統木製
工芸品を作る人をいうのか、木の目利きができる資格を持って
いる人のことをいうのか?

 とにかく興味ある方は、下のアドレスでどうぞ。

http://www.koubou-senju.com/index.html

銘木百選blog01
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
読めない字がいっぱいありますね。

木地師とは、漆器のもとを作る人でしょう?ろくろかけて。

木地師が作ったものに、塗師(ぬし)が漆を塗って、おわんやお盆やいろんなものができあがります。漆器はすてきですよね!世界に誇る日本の技術です!
2008/08/19 (火) 19:37:55 | URL | くす #-[ 編集]
そうなんですか。
 なるほど そうなんですか。
なんでもよく知っていますね。ありがとう。
2008/08/19 (火) 22:06:51 | URL | オキザリス #XpYjkc8U[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 興味津々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.