興味津々
日記です。
『楠露』
 今日はメーデー「聞け万国の労働者、とどろき渡る
メーデーの・・・」 なぜか静かな感じ「いやならやめろ!、
文句あるならやめろ!の時代か?」 
わが国の精神が民主化の前、成長前の昔に戻っているのでは?

 29日のJR島本駅のお話の続き。というか言い忘れたこと・・・。
ホームに降りると、昔懐かしいメロディー「サントリーオールド」
のCMソングだったのでは? 次の大山崎駅との間に“サントリー”
の工場が・・・。

 旧桜井駅の跡地に楠正成さんと正行父子の決別の石碑がある。
その公園の入り口に札が立ててあった。
 松尾芭蕉が当地に立ち寄り、この父子の別れに感銘し、「なでし
子にかかる涙に楠の露」と俳句を・・・。これにちなんで太平記巻
十六「正成 兵庫に下向の事」に基いて明治初期に謡曲『楠露』
が新作された。・・・とあった。

 このことを思い出し、母親に話すと、「いやー 知らんかった、
何流やろう、観世流にはなかったような・・・」。
 しばらくして古い古い観世流の謡曲集というか辞典のような
物を持ってきて、「ここにあるわ、丸印があるから習っていたわ!」
 ちょっと待ってと その出だしをスキャンし 看板と合成し、印刷
して渡すと 喜んでくれた。

 楠露blog01

楠露blog02
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 興味津々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.