興味津々
日記です。
『ビスケットの日』
 2月28日は『ビスケットの日』やて・・・。と家内
 「なんでや」とネットを・・・。

 『ビスケット』とはラテン語で“bis coctus(ビス・コクトウス)”
といって、意味は 二度 焼かれたもの という意味らしい。
“二度 焼かれたもの ”から“2と8”と思いきや。

 2月28日の訳は、オランダ医学を学んでいた“柴田方庵”
という人が留学のため長崎にいたころ、外国人だけが食べて
いたお菓子が『ビスケット』といって、これは保存食にもなると
考え、その作り方をオランダ人から教えてもらって、そのレシピ
を手紙に書き、安政2年(1855年)2月28日に、水戸藩に宛て
て送った歴史的事実があるため。・・・とのことであった。
水戸の黄門様はそれを食べたんやろか?(時代のずれが
わからないけど)

 年甲斐もなく小生は ギンビスの“たべっ子 どうぶつ”
(塩味のビスケット)が好きで、今でも時々食べる。
 箱の裏には“英語でどうぶつは?”のところでとても勉強
になる。

ギンビスblog01
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
動物ビスケット、おいしですね。私も好きです。
辞書のページを食べて単語を覚えるよりは、このビスケットで覚えたほうが健康にもよさそうです

ビスケットが、二度焼かれたものという意味だったとは知りませんでした。
水分が少ないのはそういうことだったんですね。納得納得!
2008/03/02 (日) 22:04:44 | URL | きり #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 興味津々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.