興味津々
日記です。
『ネパールの湯』
 11月上旬 ネパールから帰った“順ちゃん”からのおみやげ、
民族の儀式用の木製のお面、白とピンクの岩塩、そして
“ルビー ソルト”などたくさんありがとう。さぞかし重かっただろう。

 彼の説明では、“ルビー ソルト”は、食用ではなく、砕いて
お風呂に入れると『温泉気分』になれ、体があったまるで・・・
ということであった。確かにそのまま匂ってみると“硫黄”の匂い
がする。一回使用したが、確かに気持ちがよかった。

 家内が「上手に砕けへん」(飛び散って) ということで小生の
出番。細い金槌の背で塊の端々をかするように叩くと、ポロポロ
こぼれるように割れて、その断面は結晶構造をしており、ちょうど
雲母のような光沢で、暗赤色(ルビー色)、そして硫黄の匂い。

 そのかけらを乳鉢に入れ、乳棒で粉にし、大さじ一杯分が一回
の使用量とのこと。今晩は寝る前に『ルビー湯』に入ります。
「いいだろう!」。題して『ネパールの湯』


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
うらやましいです!
御無沙汰しております。
寒くなって、温泉に行きたい気分の毎日です。

レモンの木もうらやましかったのですが、
「ネパールの湯」とは!

食用のピンクの塩はみたことがありますが、このように深く神秘的な色だと、ヒマラヤの神様に近くなるような気がしますね。
乳棒乳鉢も、ちょっとうらやましいです。
2007/12/17 (月) 09:01:44 | URL | きり #-[ 編集]
お久しぶりです
 キリさん 本当にお久しぶりです。
コメントありがとうございます。相変わらずあちこち飛び跳ねておられるようで、ネタが尽きませんね。
 ネパールの“ルビー ソルト”ですが、友人曰く「ヒマラヤ付近の約3億年前の地層にある」ということで、その道の学者さんならずとも大変貴重なものですよね。
2007/12/17 (月) 20:48:34 | URL | オキザリス #XpYjkc8U[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 興味津々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.