興味津々
日記です。
『森のバター』
 縁側から母親が「これ見て、これ『森のバター』ていわれてん
ねん」と直径3~4Cmのこげ茶色の実というか大きな種というか球
根のような物を手のひらにのせて見せた。
 両手を合わせて「これぐらいの実がなって、スプーンでこじっ
て食べるねんて」、「ほら、そことそこに木があるやろ」と指を
さした。

 その時、小生は異変に気づいた。「あれ、ない」(そう色づく
まで待っていた“ボケの実”・・・
 「落ちたんかな?」と しだの葉を掻き分けて探したがない。
「鳥がもっていったんやろうか?」、「せやけど大きいしなー」
すると母親が指をさし「あれちゃう? 黄色いのん見えるけど」
「目ーはええねん。目は・・・」。
「えーどこ? 見えへン」、母親と顔を並べて指先をみた。
「ほんま あった・・・」、「写真写しとくわ」と小生。

 『森のバター』ができる木は50Cmほどの高さでひょろひょろ
した細い幹で間隔をあけて植わっていた。
 実ができるまでは相当年数を要する。母親は「この木になる
実を食べるまで生きたるで」・・・といわんばかり。
(母親より先に逝くわけにいかん。わしもがんばろう!)
 この木を大きくするにはそばにある木をまびかなあかんと
真面目に考えてしまった。

 『森のバター』で検索すると『アボガド』のことであった。

 写真は“ボケの実”である。鼻をこすりつけるとかすかに
林檎のようなにおいがした。花梨よりちょっと小さいが、似
ている。「しばらく座敷に飾っといて」というと母親は「ええ
のん?」と嬉しそうな顔。おもろい、可愛い84歳のお母ちゃん
だったとさ・・・。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
大きな!
大きな木瓜の実ですね。これは昨年の写真の白い花のボケですか?何個なってますか?木瓜酒できませんか?
2007/10/31 (水) 23:32:40 | URL | 四季彩々 #Os4gVhw.[ 編集]
そうです
 そうです。昨年花を紹介いたしました、その木です。しかもたった一つで、どうすることも アイ キャン ノット です。
 花梨ならスーパーでも売っているようですが、ボケの実はないでしょうね。
2007/11/01 (木) 00:16:24 | URL | オキザリス #XpYjkc8U[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 興味津々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.