興味津々
日記です。
『仕上げ』
 昨日 久しぶりに フリーの日曜日。
とはいえ 出展予定の搬入日(11月2日)が迫ってきた。
朝から久しぶりに“帝釈天さん”と格闘し、いつも通り
「これでいいか」と『仕上げ』終了・・・。

 “帝釈天さん”は、関西では京都の“東寺”(平安時代839年
講堂は国宝)、つまり弘法大師 空海が伝えた“密教”の根本
道場として有名で、宗教美術の宝庫であって、その立体曼荼羅
の中に、左端に像の上に乗り精悍なお顔をされ勇ましいいでたち
でおられる1)。
 
 “帝釈天さん”は、ヒンズー名は“インドラ”、アーリア人の
英雄神で戦士の守護にあたり、“阿修羅”と戦い仏教に帰依させ
たと伝えられている。
 映画「男はつらいよ」で有名な東京・葛飾区の“柴又帝釈天”
は庚申信仰の本尊として参拝されている2)。

 ところで、“チョコミントさん” ハンサムな仏像というのは
もしかして“東寺の帝釈天”のことでは・・・?

           参考文献
1) 週刊 古寺をゆく:小学館ウイークリーブック、東寺3、
 小学館、東京、P2,10、2001
2) 花山勝友監修:図解 仏像のすべて.PHP研究所編集発行
 東京、P98,1994 


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
図解 仏像のすべて
2009/11/21(土) 23:38:36 | ロドリゲスインテリーン
copyright © 2005 興味津々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.