興味津々
日記です。
『三島江の鴨神社』
 “くすさん”の三島江のコスモスロードの話と綺麗な写真を
見て、30年ほど前に“三箇牧小学校”の南にある『三島江の
鴨神社』を散策したことを思い出した。

 神殿の造り、特に屋根の形がハンパでない歴史を感じた。
また、狛犬の四角い顔、愛嬌のある表情、まん丸の目玉、
変な尻尾の形など、思い出してスライドをスキャンしてみた
(上の写真は左側 口は食いしばっている。下は口を開けて
いる・・・威嚇しているのか)。

 キツネさんも狛犬と同様であるが、お寺の仁王さんの阿吽と
左右が逆である。何でだろう・・・?。

 社伝によれば仁徳天皇の時代、百済から大山祈神を迎えて、
摂津御島に淀川鎮守の杜を造ったのを創紀としている。
 また、三島江の東の淀川沿いにいた物部の韓国連が祭紀に
協力したとしている。つまり“渡しの神”として大山祈神と
習合させたのかも知れないと考えられている(詳しくは
このアドレスで・・・。)

http://kamnavi.jp/en/settu/misimakamo.htm



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
狛犬いろいろ
こちらでは、はじめまして、チョコミントです。 オキザリス様、みなさま、以後よろしくお願いします。
狛犬サンに、反応してしまいました。
尻尾が、7尾!(のように思いますが?)。「9尾の狐」ならぬ「7尾の狛犬」? 
なにか、普通の狛犬より、霊力が、強いのでしょうか?
私が、見たことのある、狛犬の変り種に、「蛙」と「蛇」がありますので、参考までに、アドレス入れておきますね。

「姥宮神社」 埼玉県寄居町
http://www15.plala.or.jp/timebox/top/07sinsi/fukuda/kaeru/kaeru.html#top

「矢川弁財天」立川市(記事の真ん中位)
http://www.geocities.jp/matsuya7jp/page058.html

狛犬も、それぞれの神社により、特徴があって、おもしろいですね。
では、また!


2007/10/17 (水) 12:25:38 | URL | チョコミント #EXnN/vkU[ 編集]
ありがとうございます。
 “チョコミントさま”奥の深いコメントをありがとうございます。
 狛犬が“蛙”や“蛇”の神社を初めて知りました。早速ネットを見させていただきました。狛犬めぐりも面白いかもしれませんね。ところで尻尾が“七尾”、数えることもしなかったのですが、きっと意味があるのでしょうね。
 ところで石川県の能登半島の付け根に“七尾”という地名がありますが、共通する意味があるのでしょうかね?
2007/10/17 (水) 22:37:24 | URL | オキザリス #XpYjkc8U[ 編集]
七尾
能登半島といえば、朝鮮半島にも近いですし、大昔から、向うとの交流が盛んだったと考えることもできますよね。
だとすれば、この神社の社伝と考え合わせ、「七尾」って、何か意味がありそうな気がしてきました。 う~ん、古代史のロマン?!
ちなみに、今、検索してみたところ、七尾市には、『須曽蝦夷穴古墳』という「朝鮮半島の墳墓に通じる特色を備えている古墳」があるそうです。アドレスは、

http://www.city.nanao.lg.jp/odekake/guide_miru.html#02

これの「20」です。
 
2007/10/18 (木) 00:30:33 | URL | チョコミント #EXnN/vkU[ 編集]
遠野には河童が・・・
チョコミントさん、はじめまして!

岩手に行ったとき、遠野に河童の狛犬いました。

古代には、朝鮮半島と日本はとても深い関係だったのですね。というか、日本は半島の出張所みたいなものだったでしょうか?北九州もそうですが、北陸、近江、摂津というルートも重要な通商路だったのでしょうね。
2007/10/18 (木) 10:05:35 | URL | くす #-[ 編集]
言葉も
チョコミントさん、始めまして。面白い物を教えていただいてありがとうございます。

石川県付近の単語のアクセントと韓国語のアクセントは、とてもよく似ています。
韓国煮興味をもいつことで、日本を知ることがたくさんあります。
2007/10/18 (木) 20:56:22 | URL | きり #-[ 編集]
それもそのはず
今やっている朝のドラマの若狭弁、語尾の揺れるところが、韓国の人の話し方と似ているなと思っていました。

恐竜の時代には、つながっていたんですよね!
2007/10/19 (金) 18:13:38 | URL | くす #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 興味津々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.