興味津々
日記です。
『メモ魔』
 「ちょっと行ってくるわ」と一枚の“メモ”(84歳の自慢の
母親)。

 もとより、母親は字を書くのが大好き。謡曲を覚える時は、
古いカレンダーや包装紙の裏に書いて覚える習慣があったた
めか、テレビを見ながらでも興味のあることをメモる癖がある。
もちろんミノモンタ氏の健康談話などなど・・・。

 遠近関係なく、出かける時は 行き先、目的、連絡先、帰宅
時間など どんな不要の紙でもその裏にマジックペンで・・・。

 もちろんカレンダーに毎日 なんたらかんたらで真っ黒。
よくよく見ると体調と通便の記録(内緒でッせー)。

 今日のメモは、現代劇場でJA高槻農協主催の組合員大会が
あり、午前中はアトラクション、午後からは“小林幸子さん”
のショウ・・・とのこと(写真)。

 10時前に出かけたと思いきや30分で帰宅した。
「どないしたん?」と聞くと「午前のアトラクションはもう満席
で立ち見やねん」、「で、午後の“小林幸子”さんのは今から
沢山の人が並んだはるねん」、「途中でしんどなったらかなん
から諦めて帰ってきたん」。「ありゃー そらー残念でした」。

 それはそうと小生は母親の字が好きである。別に習った字でも
なく、特別綺麗な字とは思わないが、臆さずすらすら書き出す。
この技がうらやましい。また、年配者の癖のある草書体(崩し字)
は、解読してもらうこともある。

 “メモ魔”はボケ防止にもなるのでは?。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 興味津々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.