興味津々
日記です。
『なんじゃこれ?』
 今朝 庭に出した“繻子欄”の育ちぐあいを観察中、何か
茶色いひも状のもの(約10Cm)が動いていた。

 明らかに“ミミズ”ではない。身体に艶がある。“ヒル(蛭)”
の仲間だと思った。「今日のブログはこれ」と思いカメラを・・・。

 どこから出没したのか? 有害なものか?
先ずこの正体を徹底調査するのにネットで・・・
色、形から“オオミスジコウガイビル”とわかった。

 【コウガイビル(笄蛭):動物界 扁形動物門 ウズムシ網
ウズムシ目 コウガイビル亜目 コウガイビル科 コウガイビル属
和名(コウガイビル) 英名Land Planaria】

 一見ヒルに似ているが、環形動物であるヒルとは異なり、扁形
動物に属する(回虫の仲間か?)。ほとんどが海産、淡水産であり、
陸上はめずらしい・・・と。最近、都会では外来種の“オオミスジ
コウガイビル”という大型種(10~30Cm)、場合によっては1mを超
えることもあるが、幅は1Cmを超えることはない。厚みも数mm
(わー えらいこっちゃ 殺しておけばよかった)。 神経や筋肉
は未熟でゆるゆると這うだけ。そして雌雄同体とのこと。

 ところで“コウガイ”は“公害”ではなく“笄”と書く。
これは頭部の形が、昔の女性の髪飾りである“笄”に似ていること
から・・・。頭部には肉眼で確認できないが、眼点が多数ある。
中央腹面に口があり、肛門はない。消化管は口から身体の前後に
分技し袋状に終わる。・・・などなど。

 サァー 30Cm以上になったらどーしよう? 
どこかで卵を産み付けてウジョウジョでてきたら・・・
 ホームセンターで買った土の中に卵として潜んでたんやろか?

「キショー だれかー 助けてくれー」


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
これは苦手です
これとナメクジにはなるべくお会いしたくないです。

先日、ネットのニュースで、「ヤマビル」大発生!というのがあって、怖いもの見たさに読みました。
山にもヒルがいっぱいいるらしい。こわ~い・・・・
2007/08/25 (土) 12:31:27 | URL | くす #-[ 編集]
そうです。
 そうです。山にも“ヒル”がいます。
約32年前,西表島を西部から東部に山越えした時、ジャングルの湿地帯に“黒ヒル”をたくさん見ました。吸血ヒルらしいです。やはり気持ち悪く、不気味でした。
そこは、もちろんハブ、さそりなど生息し、リーフの干潮時には白と黒のまだらの海蛇、30Cmぐらいのグレイのなまこがいっぱい、下を見ながら歩かないと踏んでしまいそうなぐらいでした。懐かしいはなしだけど、その時は恐怖でしたね。
2007/08/25 (土) 13:10:01 | URL | オキザリス #n.LviJw6[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 興味津々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.