興味津々
日記です。
『椿の実』
 今日、出先で2m足らずの椿に実が沢山ついていたので立ち止
まった。

 だれでも思いつくのは『椿油』・・・これだけの実でどれだけの
油ができるやろ?

 伊豆大島特産の椿油は世界に誇れる名油
風呂上りに塗るとさらっとからすの濡れ羽色ということかな。
製造元は沢山あると思うが、製法は圧搾法と抽出法があるとのこと。

 仏像彫刻に桂を使ったとき、頭頂や肩などはコグチとなり、切り
口が綺麗にならない。切れる刀を使っても白い粉を吹いたような仕
上がりになってしまう。
 そんなとき仏師の宮本先生曰く“椿油”を塗るとしみ込んでいい
色になるで・・・。

 ところでお相撲さんの“ビンヅケ油”はなにから作るんでしょう。
お相撲さんとすれ違うとプーンと良い匂い。
 相撲ファンの知り合いからその油をいただき少し使ったが、小生
がつけると“加齢臭”と間違えられそうなのでやめた。もったいな
いので白檀同様時々蓋を開けて匂いをかぐだけ・・・。







スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 興味津々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.