FC2ブログ
興味津々
日記です。
『鯉のぼり』
西国街道芥川一里塚blog01
今日は令和元年5月3日(昨日は夏も近づく八十八夜・・
の日であったらしい)、つまり今日は晴天 薄着で出発。
 今日明日は 高槻市内は恒例のJazz streetで大賑わ
い。 しかし小生の目的地は芥川の『鯉のぼり』で、
徒歩で出発。 往復2時間は覚悟した。
 途中 芥川商店街が切れる曲がり角で、昔島根藩で
あった父の仇討ちがこの地であり、本懐をとげたという
説明のある札があり、その10m先に“西国街道芥川一
里塚”の記しもあった。
 今の芥川商店街が昔の西国街道から大名行列の
家臣の宿泊や立ち寄り場所であったことを示している。
令和元年5月3日鯉のぼりblog0
芥川に向かって西に直進、途中右手に教宗寺(浄土
真宗)で境内を見学させていただきながら堤防にたど
り着いた。 上流を見ると『鯉のぼり』の群れが見えた。
20190503鯉のぼりblog02
 近づくとたくさんんの親子連れやカップルたちが、
花見のように飲食したり、こどもたちは流れに足を
つけてはしゃいでいた。
清福寺太子堂blog01
 確か、西側の対岸の堤の下に太子堂があったはず
と思いながら橋を渡っていた。
 町名は清福寺町で、清福寺・太子堂というお堂があ
り、聖徳太子の少年像が祀られているとのことである。
 この地域は300年前の江戸時代から大工の職人が
多く住んだところで、近隣の重要な建築物に携わって
いて、相互的に技術の研鑽とともに正徳太子を象徴
としていろいろ結束を固めたとのことである。
聖徳太子blog01
 聖徳太子像は木像で彩色されているとある。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 興味津々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.