興味津々
日記です。
『茅の輪くぐりの準備』
20180616雲blog01
16日午前6時過ぎのラジオ体操に行く途中の西の
空、晴天となんとも不気味な雨雲。 
 実はこの2日後に高槻、枚方、茨木、付近の直下
が震源地(有馬ー高槻断層帯)で、震度5強、6弱と
言われ、全国的に被災地として有名になってしまっ
た。 各地からの親戚や友人からの見舞いの電話
やメールを頂いた。  幸い家族は誰一人ケガする
こともなく助かった。 当日午前中は足の踏み場が
なくなったところの大掃除で済んだ。 ライフラインの
電気は一部停電で間もなく復興、水道は3日後には
飲用が可能に、 ガスは25日に復興予定という状態
だ。
 いろいろご心配いただいたり、励ましていただきあ
りがとうございました。
 多分2日前のこの雲の形とは関係がないと思うが。
 そういえば梅雨前線の南側に湿舌と言われている
湿った空気層ができるはず。
20180616茅の輪くぐりblog01
 ラジオ体操の帰り道。 野見神社の鳥居の先に茅
の輪(ちのわ)が、そういえば毎年6月30日に、夏を
迎えるにあたって、無病息災で乗り越えられるように
祈願する茅(かや)の輪も準備中らしい。
茅の輪くぐりの仕方blog01
茅の輪のくぐり方
(1) 先ず、茅の輪の前に立って軽く礼をし、左足か
らまたいで輪をくぐり、 左回りに回って元の位置
に戻る。
(2) 茅の輪の前で軽く礼をし、右足からまたいで輪
をくぐり、 右回りに回って元の位置に戻る。
(3) 茅の輪の前で軽く礼をし、左足からまたいで輪
をくぐり、  左回りに回って元の位置に戻る。
(4)茅の輪の前で軽く礼をし、左足からまたいで輪
をくぐり、 ご神前まで進みます。二拝二拍手一拝
の作法でお詣りする。
 お正月の参詣者が全員この作法でくぐりますと、
境内が大混乱になるので、「茅の輪の正しいくぐ
り方」の掲示はいたしていないとのこと。
 茅の輪をくぐること自体にお祓いの意味があるの
で、正式なくぐり方ができないからと言ってご心配
いりませんとある。
https://www.shinmeisya.or.jp/html/tinowa01.html



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 興味津々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.