興味津々
日記です。
『匠の魂』
 平成30年1月21日 TV4Ch PM11:00~ の 「情熱
大陸」で、「すずり職人 石を偏愛するイケメン、指と舌
を駆使して挑む、そして夏目漱石の宝物の再現・・・」
と番組表に。
 青柳貴史氏は日本でただ一人の製硯師(4代
目)で、硬さ、手触り、指で弾く音、匂い、味から
伝統工芸品としての硯に用いる石を見立てる。
見立ての極意は“指で始まり指で終わる(感触)”
なのだそうだ。

硯の原石はもちろん中国のものを紹介していたが、
日本産のものとして北海道と山梨県(フォッサマグナ
にあたる地形の岩肌や、洞窟での爆破による砕石)
なども紹介していた。
 硯の原石や製品の出来によっては同じ墨ですっても
かすれる部分の色が異なるらしい。

 また、神奈川近代文学館からの依頼として、夏目漱石
の数多い宝物の一つである硯の展示用レプリカが必要で
あるとのことで、その作製過程もレポートしていた。
  実物を採寸し図面を作成するところで、外形が縦に
湾曲していたり、漱石がすった墨の跡が一層残って
いたため平坦でなかったり、の苦労話も面白かった。
 
 製硯師という職があることに驚き、また日本の伝統的
文化の匠の魂を見たような気がして、感動した。
 漱石の大ファン、米ちゃんに知らせたかったが、午後
11時ということで・・・説明できるように書き残した。
 
 【この投稿を見て頂けたらと思うのだが。】

http://www.tbs.co.jp/tv/20180121_7AE9.html
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 興味津々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.