FC2ブログ
興味津々
日記です。
『椋鳥』
20170503何の鳥blog01
10月18日 窓越しにやかましい鳥の鳴き声が、またも
や椋鳥の襲来が。 電線音頭の雀のような可愛いもので
はない。
以前城跡公園内の池で椋鳥らしい鳥の写真(上の写
真)を写した。 雀より大きく、鳩より小さい、しかしそんな
に綺麗で可愛い鳥ではない。
雑食性で、植物の種子や果物、虫などを好んで食べる。
椋の木の実を好んで食べるので「椋鳥」と呼ばれるよう
になったらしい。 また、「群木鳥・群来鳥(ムレキドリ)」
から転じたとする説もある。
椋鳥blog01
都市部などでも群れをなして生活するので大量の糞に
よる汚染被害や鳴き声による騒音被害も社会問題化し
ている。 そういえば高槻市の市役所前の並木に、夕方
になると異様な音量で、頭上の空を隠すほどの集団化
した鳥たちが旋回しているのを見て、ヒチコックの“鳥”
という映画を思い浮かべたことがある。
 糞害と騒音による苦情のためか、その並木に集まら
ないように、多くの枝を切り払った結果、集合場所を変
更し、我が家の近所の電線や別の高圧線などに集結
しているのだろう。

 モーツァルトは、ムクドリ(ホシムクドリ)をペットとして
飼っていたエピソードがあり、ピアノ協奏曲第17番の
第3楽章には、そのさえずりを基にした旋律があるとい
う逸話がある。
 日本では、椋鳥は冬の季語と定められている。江戸
時代、冬になったら集団で出稼ぎに江戸にやってくる
出稼ぎ者を、やかましい田舎者の集団という意味合
いで「椋鳥」と呼んで揶揄していた。
 俳人小林一茶は故郷信濃から江戸に向かう道中に
その屈辱を受けて、「椋鳥と人に呼ばるる寒さかな」と
いう俳句を残している。 明治時代には、森鴎外は、
日本人は世界の田舎者という意味で、海外情報を伝
える連載コラムに「椋鳥通信」というタイトルをつけた。
 宮沢賢治の短編童話『とりをとる柳』に登場する千ほ
どの集団で一斉に木から飛び立つと描写したとある。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A0%E3%82%AF%E3%83%89%E3%83%AA
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 興味津々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.