興味津々
日記です。
『天満の雀』
土佐堀川の雀blog01

土佐堀川の雀blog02
 天満橋の青い郵便ポストの続きで、京阪電車の改札口付近
にある美味しいパン屋さん“ポンパドール”でカレーパン、その
他菓子パンを幾つか買い、横のコンビニでホット缶コーヒ
小生はジョージアユーロピアン(無糖)、家内はUCCブラック
を買って、土佐堀川沿いのテラスで、休憩した。
 はじめは鳩が足元をうろうろしていたが、2,3羽の雀が警戒
しながら餌を狙いに・・・その内パン切れを差し出すと近づいて
くる。結局は逃げていまい写真のタイミングが難しい。
 美味しい菓子パンの食べ方は難しい・・・ぽろぽろとこぼし
ながら食べていると友だちを沢山呼び寄せ、最初は2羽から
7,8羽集まり鳩状態に。

 歌手:森繁久彌
 作詞:野上 彰
 作曲:仁木他喜雄
の「銀座の雀」を「天満の雀」の替え歌で

【たとえどんな人間だって 心の故郷があるのさ
おれにはそれがこの街なのさ 春になったら細い柳の葉が出る
夏には雀がその枝で鳴く 雀だって唄うのさ悲しい都会の
塵の中で 調子っぱずれの唄だけど 雀の唄はおいらの唄さ

  天満の夜 天満の朝 真夜中だって 知っている
  隅から隅まで知っている おいらは天満の雀なのさ
  夏になったら 鳴きながら 忘れ物でもしたように
  天満八軒茶屋 飛びまわる それでおいらは楽しいのさ】
    〔そういえば 加藤登紀子さんも歌っていましたよ!〕
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 興味津々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.