興味津々
日記です。
『懐かしい LP盤』
ELVIS-PRESLEYblog01.jpg
52,3年前(高校時代歳)、放課後 京都でプレスリーの映画
を友人とよく見に行った。 このアルバムは彼の映画の中で
は比較的初期のもので、“やさしく愛して”、“さまよう青春”
“監獄ロック”に続く4作目の白黒のフィルムで、“闇に響く声”
と題し, ニュー・オーリンズが舞台で、デキシーランド・ジャズの
リズムを歌っている。1985年入隊後、その年の7月に一斉に
アメリカで放映された映画である。
 “キング・クレオル”、“冷たい女”、“、デキシーランド  ロッ
ク”ニュー・オーリンズ”などはパンチが効いた好きな曲である。
Pat-Booneblog01.jpg
 そのころ合間に聞いていたのが、プレスリーと対象的なパット
・ブーンのもので、“砂に書いたラブレター”、“涙のムーディー・
リバー”はよく知られているが、“スピーディー・ゴンザレス”や
“悲しきカンガルー”などのコミカルな曲が好きであった。
BRENDA-LEEblog01.jpg
 豪華盤 ブレンダー・リー大全集で2枚24曲 全ての曲が
好きであるが、中でもギターを触っていたときは“ジャンバラヤ”
がもち歌の一曲であった。
NAT-KING-COLEblog01.jpg
 1940-50年代のナット・キング・コール(ピアニスト・ヴォーカリ
ストで“トゥー・ヤング”、“モナリザ”、“ネイチャー・ボーイ”など
一連のヒット作である。1965年2月15日に肺がんのため48歳の
生涯を閉じたと記されている(ジャケットにあるように食事と歌っ
ている間以外はタバコを離さなかったのか?)。
 そういえばプレスリーは52歳で ドーナツ病とかなんとかで・・・
らしい。
 小生は、“月光価千金”、“モナリザ”、“キサス・キサス・キサ
ス”などが好きで、特に“ルート66”はいまでも歌詞の一部を思
い出せる。現在 大事なことはすぐ忘れるくせに、これらの歌は
蘇る。
【ならのしか 様 お元気にお過ごしでしょうか?懐かしいでしょ
う!  まだまだ懐かしのメロディーが出てまいります】
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 興味津々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.