興味津々
日記です。
『いただき物 その2』
日向夏blog01
 今週月曜日(6日) 友人が久しぶりに元気な顔を見せて
くれ、写真にある“日向夏”を手土産に、「宮崎の主人の従
妹からのいただきの物ですが、小分けしてして持ってまい
りました」・・・と。
 見るからに酸っぱそうで、二人ともツバが湧き出るのをこ
らえながら・・・「どうもありがとうございました」・・・家内は
大好物・・・私は酸っぱいのは苦手です。
 抗凝血薬療法薬(ワーファリン、バイアスピリン、エフィエ
ント)の服用者にとって、ちょっと気になったので検索を。
           “日向夏”
 「色や味は通常の夏みかんよりグレープフルーツに近く、
グレープフルーツより酸味がすくなく、薄味でさっぱりして
る。」 宮崎を代表する柑橘のひとつでユズの香りに似た
さわやかな果実です。 「日向夏(ヒュウガナツ)」は1820
年(江戸時代のころ)に宮崎で発見されました。その後18
90年頃に「日向夏ミカン」と命名され今日に広まっている。
      (グレープフルーツ同様に要注意)
· ザボン(文旦、ボンタン)、晩白柚(バンペイユ)、土佐ブ
ンタン(文旦)、平戸ブンタン(文旦)、スウィーティー 、サワ
ーオレンジ(ダイダイ)、夏みかん、ポンカン、いよかん、絹
皮(キヌカワ)、金柑(キンカン)、八朔(ハッサク)、日向夏
トロビタオレンジなど
 一方他のHPでは、日向夏はフラノクマリンを含まないので
安全としている意見もある。
【https://matome.naver.jp/odai/2142392108911604201】
          ○(気にしなくてもOK)
· バレンシアオレンジ、レモン、カボス、(温州)みかん、マン
ダリンオレンジ、ライム、ユズ、スダチ、シークァーサーなど
であった。
 
 感想が言えるように、写真の一切れ(薄く皮をむき、白綿ご
と)をいただいた。        「ごちそうさま!」
 写真のお皿は、姉の作品です。 今も教室に通っているの
かな。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 興味津々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.