興味津々
日記です。
『いただき物 その1』
百合blog01
 2週間前だったか、家内の友人から故郷の“沖永良部の
百合”を「少しですが」といっていただいた。 その時は全て
の蕾は、まだ蒼く、硬かったが、1週前から蕾が膨らみ、一
つ二つと咲き始め、昨日(10日)には満開・・・。ほぼ 毎年
いただくので沖永良部の百合には特別の意味があるのか
検索すると、すばらしい歴史と言うか、島民の苦労もあった
のが伺える。
      えらぶゆりの物語
花言葉は「純潔」「威厳」
 欧米では古くから、純白の百合は、春を告げる花「イース
ターリリー」、聖母マリアのシンボル「マドンナリリー」と呼ば
れ愛されている。明治期、シーボルトによって欧米にもたら
された日本の百合はまたたくまに人気となり、多くの沖永良
部島生まれの球根が輸出された。
 また100年以上昔、島を訪れた貿易商アイザック・バンデ
ィング氏が、沖永良部に自生する白い百合に目をとめました。
「この球根を大切に育ててください。必ず私が買い取りに来ま
すから」そう言い残して帰国した彼の言葉を信じて、島の農民
は大切に百合の球根を育てた。そして数年後、約束通り島を
再び訪れたアイザック氏は、農民たちが驚くような価格で百合
の球根を買い付けたといいます。これがえらぶゆりの始まりと
いわれている。
 塩害に強く、島の赤土で良く育つ百合の球根の栽培は、瞬
く間に島中に広がり、やがて、多くの商社が島に球根を買い
付けにやってくるようになった。最盛期には、横浜の倉庫がえ
らぶゆりの球根で一杯になったほどだったという。
 2度にわたる世界大戦や目まぐるしく変わる世界経済、そし
て蔓延するウイルス病など幾多の苦難に見舞われながらも、
島の人々は、たゆまぬ努力でこの花を守り続けたとある。
  【http://erabuyuri.com/wps/?page_id=32 より引用】

「大変意味深い 貴重な百合を頂戴し ありがとうございました」
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 興味津々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.