興味津々
日記です。
『大宮鉄道博物館 その1』
時刻表blog01
JR大宮駅から徒歩で5分 モノレールに乗り換え一駅で到着。
ゲートまでの広い通路には、日本の各方面の特急名と時刻
表が写真のごとくタイルにプリントされ敷き詰められ、天井に
はダイアグラムが描かれている。
 その通路の両脇に実物の機関車が陳列されている。
大宮鉄道博物館blog01
 背丈よりも高い動輪が。
大宮鉄道博物館blog02
 上の動輪の説明パネルには、1924年 ドイツの八つの
州有鉄道を統合して、国有鉄道公社の標準型の蒸気機
関車として、1925-38年まで231両が製造され、1970年
代まで活躍した。その動輪は直径2mで、蒸気機関車の
中でも巨大なものである。最大速度120Km/h 、まくら
木はその重量に耐えられる鉄まくら木が使用されたと記
されていた。
大宮鉄道博物館blog03
 機関車トーマスに出てくるような機関車。そして入場券を。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 興味津々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.