興味津々
日記です。
『清福寺太子堂』
太子堂blog02
 芥川の鯉のぼりの続きで、芥川にかかる171号線の橋
から北西側の堤から西に下ったところに『清福寺太子堂』
(これも初めてのところ)があり、認識を新たにした。
太子堂blog03
 立て看板には、大工職人の始原神と崇められている聖
徳太子を祀ったお堂である。江戸時代に大工を職業とする
人がこの村に多くいて、摂津在方大工区組の一つの清福
寺大工組が組織されていた。 また、堂内には春日厨司
が置かれ、聖徳太子少年像(木彫 彩色)一体が納められ
ていると記されていた。
 棟札には明治2年11月とあり、当時26人の大工が村内
に居住していたと記され、信頼できるものとなっている。
仏像の見方講演blog01
 ところで、しろあと歴史館の連続学芸講座の案内で、
②の6月15日に「高槻の仏像再発見」 講師:西本幸嗣氏
には感心がある。 残念ながら小生は聴けませんが、興味
のある方はどうぞお出かけください。
     申し込み方法は写真の下段にあります。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 興味津々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.