興味津々
日記です。
『瓦 その3』
三巴文blog02
 沖縄の瓦でもみられたよくある三つ巴の瓦。
 どこで入手したのかは記憶にない。
三巴文blog03
 もしかして骨頭店で入手したのか、偶然にも姫路城で
みられたいくつかの瓦の内、同じ紋が松平家のもので、
これがそうならうれしい。
梅文blog01
 天満宮でみられる瓦で梅の紋。
寶積寺blog01
 京都府乙訓郡大山崎町銭原にある天王山の寶積寺の
瓦で、十数年前に屋根瓦のふき替えと柱の取替え工事
のときに、仏像教室の知り合いからこの瓦と剥げ落ちた
朱塗りの柱の一部をいただいた時のものである。

 寶積寺(ほうしゃくじ)は、天王山中腹にある真言宗智
山派の仏教寺院。山号は天王山または銭原山(古くは
補陀洛山といった)、本尊は十一面観音である。724年、
聖武天皇の勅命を受けた行基による開基と伝えられて
いる。 真っ黒な大きい大黒天が祭られているのでも有
名である。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 興味津々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.