興味津々
日記です。
『蒸気機関車』
SLデッキblog01
 11月8日、明治村でのお話しは今回で終わりにさせてい
ただきます。 
 奥地の高台にある東京駅のからゲートに近い名古屋駅
に向かって下っていく。写真は最後尾のデッキである。
雨が降る中、鉄橋を渡ったころには、気持ちがこどもに戻っ
ていた。
SL名古屋駅blog01
 名古屋駅に着くと、機関車を切り離し、方向転換板(?)
に向かって徐行。 「明治村 蒸気機関車 方向転換」で
検索すると、写真があるわあるわ沢山ありました。
  先頭のSLは1874年(明治7年)にイギリスから輸入され
た鉄道院160形で、新橋~横浜間で使用されていたもの。
その後、1911年(明治44年)に尾西鉄道に払い下げられた
と説明が。
SL方向転換blog03
 二人の人力で180°回転し、上りの先頭車両に向い、
バックで先頭の客車と連結。
SL連結blog04
 そういえばイギリスのウィルバート・オードリー牧師が、
病気の息子を楽しませるために語り聞かせたお話が元
になって生まれた「汽車のえほん」シリーズが、後の「
きかんしゃトーマスとなかまたち」の原作であつたと。
 原作では車体が小さく、力が弱いので、残りの4台の
大きい機関車から仲間はずれにされて、ずーと車庫の
中で、いつも悲しい顔をしていたらしい。その機関車の
名前は“エドワード”・・・ある日優しい整備員が声をか
けてくれて外を走れるようにしてくれ、だんだん元気な
子になって、お友達をつくっていくという物語。
 実はこの原作、1946年で小生の生まれた年でもある。
と言うことはこの蒸気機関車エドワード君は現在69歳で
ある。
 1984年からイギリスで放送が始まった1番ゲージの鉄道
模型を使用して撮影される人形劇、現在はコンピュータを
使用して制作されるCGアニメーションとして放送されてい
る。 架空のソドー島を舞台に、正式名「青いきかんしゃトー
マスとなかまたち」ということで、トーマス君にしても31歳
になるのでは。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 興味津々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.