興味津々
日記です。
『明治村 その1』
明治村帝国ホテルblog01
 まだ11月8日(日曜日)の日記で恐縮です。
名鉄犬山駅からバスで約40分で、明治村に到着・・・雨は
本降り。 正面に開設50周年を記念するモニュメントが。
 1日500円乗り放題の村営バスをゲイト内で乗車(満員)、
福井刑務所は後回しで下車せずに、先ずは帝国ホテルへ。
 帝国ホテルは1890年(明治23年)11月3日に落成、同7
日に開業した[1]。隣接する鹿鳴館と密接な関連を持った
ホテルとして井上馨が渋沢栄一と大倉喜八郎の2人を説
いて、1888年(明治21年)有限責任帝国ホテル会社(設
立当初は有限責任東京ホテル会社)を設立させ建設した
ものである。
帝国ホテルblog05
 60歳台の男性約15人は円陣を組んで内部の説明をキョ
ロキョロしながら熱心に聴いていた。 どうも法政大学OBの
同窓旅行らしい。
 「帝国ホテルはアメリカ合衆国の著名な建築家フランク・
ロイド・ライトが設計した国際的な一流ホテルで、建物内
外は幾何学模様に彫刻された大理石や櫛目を入れた煉
瓦で装飾されています。
 帝国ホテルが完成したのは大正12年(1923)8月で、
9月1日の披露式の当日関東大震災が発生したが、周囲
の建物が倒壊炎上する中で、被害は少なかったとの記録
があります・・・。」といった説明がされていたのでは。
名電1号blog01
 名電1号の展示で、村内を巡回しているのは京都市電で、
やはり1日乗り放題、大人500円である。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 興味津々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.