興味津々
日記です。
『上賀茂神社 その2』
上賀茂神社blog05
 参門の左に、直径40Cm×高さ1mほどの檜の丸太に、干支
の羊の頭部がノミだけで彫られていた(一刀彫か?)。
 中に入ってみると、他の干支のものも並んでいた。ということ
は、その年ごとの干支の彫刻を門前に置いているのであろう。
上賀茂神社bloga
 今年は42回目(21年毎)の式年遷宮にあたり、本殿の左横
に並列して左に権殿がある。
 時代と国宝などの法律の諸事情があり、近年は屋根の吹き
替えだけになり、その吹き替え中、中にお住まいの神様の頭
上を吹き替え士が踏みつけるわけにいかず、権殿に引っ越し
していただいて、その間に、本殿の屋根を仕上げる。それが
今年の9月から開始するというのだ。本殿の屋根がリホーム
されると、神様がお戻りになる儀式がなされる。つまり権殿は
神様の仮住まいといったところか。
上賀茂神社blog08
 来たときに気づかなかった、変わった枝振りの松、こういう
種類の松なのか、名札がかかっていなかったので不明。
上賀茂神社blog09
 これも出るときに気づいた木で、左の松の木が上部で隣の
苔むした他の木に抱きついていた。なんとも気になる木。
どいいう気持ちでこんな行動に。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 興味津々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.