興味津々
日記です。
『万歩計 その2』
茨木市うすいblog01
 茨木の市役所付近で、このマンホールの蓋(うすい)。
もちろん撮影したことがあるが、カラーではなかった。
 バラの花は赤と黄色だったのだ。そして気づかなかっ
たかしの木までくっきりと。 従ってあらためて登場を。
茨木市立命館大学用地blog01
 マイカルに到着直前で、『万歩計』は6,000数百代・・・
裏口の広場からJRの線路越しに、来年4月から開校予
定の立命館大学の外観4棟と多目的ホール的な建物が
ほぼできているようである。線路沿いに広大な土地に驚
いた。 また、 マイカルの東側付近から、JRの線路をく
ぐりぬけ、南北に通じるトンネルを造っていた。
SISAYblog01.jpg
 家内が買い物をしている間に、店内でフォルクローレの
ライブを観賞した。SISAY(シサイ)とういうバンド名で、
南米エクアドル音楽・・・リズムがよく手拍子しながら腰
を振ったり、足でリズムをとったりする人が多く、日本人も
随分のりが良くなったなぁー・・・と思いながら記念に、CD
2枚(3.000円)を買っちまった。
 自宅付近で『万歩計』を見ると、なんと10,000歩を越し
ていた。
 その結果、脳内のセロトニン(神経伝達物質)の分泌
が促進され、気持ちを安定させ、充実感や満足感が生
じたようである。 その方面の有名な研究家である 
有田秀穂氏に言わせると、ヨガ、座禅の呼吸法、リズミ
カルな運動、歩く、ガム噛み(咀嚼)と太陽光がよくて、
うつ病などの精神疾患を予防するようである。
 おまけに相棒と行動(コミュニケーション、グルーミング
やタッピング効果)することでオキシトシン(幸せホルモン)
が分泌し、セロトニンの分泌をさらに高めるとも彼は記し
ている。
 高齢化するとセロトニンの分泌は減少するが、早朝の
ラジオ体操もセロトニン分泌を高めると思う。
 そうか何気なく、わけがわからなくとも大勢の年寄が早
朝に、城跡公園に集まってウオーキングとラジオ体操をす
る理由がうつ病を予防するためだったのだ。
      「明朝 5時半に起きれるかな?」
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 興味津々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.