興味津々
日記です。
『にらみ鯛』
鯛blog03
鯛blog02
 3日の夕食、そろそろ“おせち”がなくなってきたので、
大枚2,500円の『にらみ鯛』を包丁と料理鋏で解体・・・
予め身を大きく四つに分け、何度もセッちゃんに「骨 気
付けや」と言いながら、さらに身をほぐし、鯛茶漬けよう
に分け、大変にぎやかに美味しくいただきました。
 立派な姿の写真を取り忘れたので、せめて口元だけをカ
シャ。そういえば“鯛の鯛”はいずこに。鋏で切ってしま
ったかも、残骸からは見つけることができなかったのでHP
で検索することに。
鯛の鯛blog02
鯛の鯛blog01
 グーグルで写真があるわ、あるわ、その内の2枚を引用。
 
 ところで人には“喉仏”(第2頸椎)があり、焼き場の
おじさんは、生前 沢山良いことをした人のその部の形が
座禅をし、合掌している姿がはっきりでるそうなという
解説を聞いたことがある。
 英語では“Adam`s apple”というらしい。禁断の木の
実を食べたアダムは喉につめて“喉仏”ができ、イブの食
べたリンゴは乳房になったといわれているらしい。
 しかし、生物にはその証となる何かをもって生きている。
不思議ですね。またそれを見つけて学術公開されることが
すばらしい。

 最近時々 「腐っても鯛じゃ!」という文言が脳裏によく
浮かぶ、さらにこれからは“喉仏”の形を整えるように仕上
げをしよう。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 興味津々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.