興味津々
日記です。
『門松』
買い物メモblog01
 昨日(30日)、お正月に向けて、セッチャンと買い物に
(小生をも含めて 認知症の予防に)、5.6年前からか恒
例になった。
 まずセッチャンの購入予定の品をメモ書きし、それを私
が解読を、いや確認を。
 正月の飾りはどの店も高く、むやみに沢山は買えない。
入り口のはわかるが、気になったのは『門松』・・・「そん
なん毎年してないで」と言うと、「そう、門に架ける釘があ
るよ」、表は鉄筋で、釘などは打てない・・・もしかして、
昔々中庭を挟んで木製の門があった時代のことが浮かん
でいるのか。そういえば記憶がよみがえってきた。
 そうか「明日 “年越しそば”と“にらみ鯛”を買いにいくか
ら、その時に探すわ・・・」で、結局予定外のものも沢山仕
入れて帰宅。
門松雄松blog01
門松雌松blog02
 そして今日(大晦日)、近くの花屋で門松を一対600円、
これで家になってる南天と合わせて飾ることに決めた。
花屋さんに「どちらが雄で、どちらが雌ですか?」と尋ねる
と、「多分真っ直ぐになっているのが雄で・・・いい加減な
ことを言ってはなんなので聞いてまいります」、しばらくし
て、大奥さんが出てきて誇らしげに「葉が硬くて、すらっと
しているのが雄で、葉が柔らかく、枝が開いているのが
雌です・・・」、「あーほんと ようわかります」、「じゃ
ー 左右それぞれどちらですか?」と聞くと、「お雛さんは
どっちやろ、左が内裏さんで右が・・・」、「関西と関東と
では違いまっさかいになー」、どうもありがとうと納得して、
他の用事を済ませて帰宅。
 セッチャンの同意のもとで、奥の院の入り口の左に雄、
右に雌を取り付けたとさ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 興味津々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.