興味津々
日記です。
『帰り道』
高槻のアンティークblog01
 3日 “セッチャン”と花見の帰り道、歴史資料館に寄り道。
市内のあちこちで、このポスターが貼られていて、古曾部焼、
くらわんか茶碗などに興味があった。藤井竹外の書(永井家
の殿様に仕え、漢詩人、七言絶句が得意、武士としても鉄砲
の名手でその師範でもあったという。旧家は現代劇場の右端
にあったという印が、お墓は本行寺にある)も。つまり川崎
さんという骨董屋のコレクションを、この会館で大規模に展
示されたということである。幕末からの淀川を挟んだ枚方と
高槻の歴史的な焼き物と書を拝見した。
くらわんかblog01
 これはくらわんか皿で、淀川の川底から採取されたもので、
おそらく三十国舟でにぎわっていた頃、くらわんかの皿や茶
碗が落とされたものか。 何枚かずつ重ね焼するので、皿の
中央の円周に沿って上薬が削り取られて焼かれているのが
特徴である。古伊万里風か。
コンプラ瓶blog01
 コンプラ瓶といって、長崎の出島でよく見られたもので、
オランダから持ち込まれたものらしい。用途は醤油瓶に
された。 同じようなものがインドにもあるらしい。
古曾部焼手あぶりblog01
 これは古曾焼で幕末から明治維新まで5代にわたる。古曾
部の五十嵐家で五代も続いた窯元で焼かれたもので、雑器
が多い。しかし現在は窯がない。写真は手あぶりのいろいろ
である。
六代吉向松月作blog01
 これは十三軒吉向焼で、六代目吉向松月作である。200
年の歴史があり、淀川沿いに十三、枚方、交野と移り、現在
は吉向蕃斎さん(父親)、八世,九世(息子兄弟)が私市の
国定公園内で窯を構え活動されている。
 楽焼の陶板で三十国舟が描かれている。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 興味津々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.