興味津々
日記です。
『伊丹市 その4』
伊丹市昆虫館blog03
 入室 いきなり 大きな“すずめ蜂”が・・・蜂の目には
人間をこう見ていると、正面下にモニターが・・・複眼では
このように見えないと思うが。
伊丹市昆虫館blog04
 あぶら虫は世界に4,000種類ぐらいいるらしく、内害虫は
10種類ぐらいで、殆どは熱帯の森の中にひっそりと生きて
いる。3億年の古生虫でバッタ目・・・人間の食べるもの
は全て食べる。他に絵の具のついた美術品や書物、張り合
わせている糊、建材などなんでも、そして共食いも。水だ
けで1ヶ月は生きていられる。また、水すらなくとも2~3
週間いき続けられる。
 この飢餓に耐えれる遺伝子を見つけ、人間のその遺伝子
にもスイッチを入れられるようにすれば“ゴキブリ人間(亭
主)”が・・・もうすでにいるか?
 温室に熱帯植物が沢山あり、多種のきれいな蝶がひらひ
ら、女の子の頭にとまればリボンのように・・・そろそろ閉館。
伊丹市blog01

伊丹市うすいblog02
 本日の目的というか、最後の極めつけは阪急伊丹駅で
マンホールの蓋を・・・2種類であるが、下の写真は“うすい”
と記されている。デザインは昆陽池の白鳥と鴨か?・・・納得。
 帰りの電車内で、この次は神戸の“花鳥園”へ行こうか?

 帰ってみれば 家内の万歩計は12,000ほどに・・・満足!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 興味津々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.