興味津々
日記です。
『明石市 その3』
明石城石垣blog02
 二の丸、三の丸に通じる階段道・・・フーフー よいしょ
よいしょと足を休めることなく登りきった。
 これも日ごろのラジオ体操のおかげか?
明石城巽やぐら公開blog04
 巽やぐらの無料公開で中に入れる。 ラッキー!
一番下の屋根の右横に、かすかに“明石大橋”が見える
かな?
明石城巽やぐら公開blog02
 元和三年(1617) 小笠原忠真(ただざね)が信州松本
から明石に国替えとなり、現在の明石城より南西約1Km
の所にあった船上城に入ったことから明石播が生まれた。
 現在の明石城は元和四年(1618)徳川二代将軍秀忠が
西国諸藩に対する備えとして、藩主忠真に新城の築城を
命じたことに始まった。
 しかし“大阪夏の陣”が終結したために途中ではあるが、
築城の必要がなくなり中断したんです。だから本丸の天
守閣がないんですわ・・・とおじさんが説明してくれた。
明石城巽やぐら公開blog03
 この“巽やぐら”は「坤ノ櫓ハ伏見御城ノ櫓ナリシヲ此度
公儀より公工下サレコレヲ建テル」・・・“小笠原忠真年譜”
 「幕府から伏見御城の三重櫓一つ下され、御本丸未申
の角に立候也」・・・“笠系大成附録”より。各建物の建築
は翌元和六年(1620)四月に完成したとパンフに。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 興味津々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.