興味津々
日記です。
『一ファン』


夏川草介著 “神様のカルテ3”を読んだ。
もちろん1、2に次いでの三作目・・・これまた変わらず、
歯切れのいい、リズミカルな文脈、場面のり替え、自然、
生活、仕事仲間などの表現、言い回し、やりとりなどが
好きである。今回はアルコール依存症の患者について、
そして個性豊かな美人で優秀な女医さんの登場で、読
者を飽きさせないポイントがある。・・・多分ではあるが、
大学勤務での人生劇(4作目)が楽しみとなる。

 はからずも 昨日“スピリチュアル(魂、信念)ケア”と
“ディグニティ(尊厳)セラピー”について聴講した。
 末期がんの患者さんの苦痛や訴えに対して医師は
どのように応対するか、いろいろなアプローチ策はある
ようだが、「そばに座ってゆっくり話を聞くに尽きる」と
締めくくられていた。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 興味津々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.