興味津々
日記です。
『大阪医大の資料館』
ヴォーリズ展blogj
 大阪医科大学創立85周年を記念し、国の有形文化財に
指定されている講堂(“ヴォーリズ”が設計した)を、
本学の資料館として活用している。従って、当時の単眼顕微
鏡が展示されていた。野口英世さんなどが使用していた時代
のものかもしれない。
ヴォーリズ展blogk
 島津製作所製の電子顕微鏡SM-C2型で、昭和29年の卒業
生からの寄贈品である。
ヴォーリズ展blogl
 “ヴォーリズ”さんの特徴ある外壁で、陶板をはめ込んであ
るように見える。
2012.6.9大阪医大楠blog01
 敷地内から公道に面して、数本の大きな楠が立ち並び、ど
れも薬の容器が差し込まれている。樹木医がしたと思われる
が、場所が大学病院内だけに・・・どれも“ラブ 注入”で
はなく、“点滴中”と見えた。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 興味津々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.