興味津々
日記です。
『ヴォーリズ展 その1』
ヴォーリズ展blog01
 新聞の折込に案内されていた『ヴォーリズ展』明日で終わり。
あわてて家内と徒歩5分・・・大阪医科大学内の東隅に本学の
資料館があり、その建造部が“ウイリアム・メレル・ヴォーリズ”
の設計によるものである(昭和2年に開校、昭和5年に学舎群
が竣工)。
ヴォーリズ展blog02
 ヴォーリズ氏は1880年にカンサス州レブンワースで生まれ、
1905年(明治38年)にキリスト教伝導で来日し、全国にかけ
て教会、学校、ホテル、百貨店、個人宅など1600件もの建物
を設計し、戦時中はスパイの疑いをかけられたりしながら帰化
もし、1964年5月7日近江八幡市の自宅(83歳)で亡くなった。
近江八幡市の第一号の名誉市民であるらしい。
ヴォーリズ展見どころblog
 見どころは、階段の手すり、窓の形、外壁に使用した陶材や
最高部に砦風の縁取り、照明器具、階段教室などである。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 興味津々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.