興味津々
日記です。
『老女小町』
老女blog01
 この写真は能面研究所の加地幹春先生からいただいた年賀
状である。たった1年足らず教えていただいただけではあるが、
それらの内容が濃く、いまだに感心が残っている。したがって
この面について電話でご挨拶を兼ねてお伺いした。

 能面系列としては翁系、女系、男系、鬼神系、慰系、神霊系、
怨霊系などがあり、女系、男系、には若い面から段階的に加齢
の面に、また役割別の面があり、つまり今年の賀状の作品名は
『老女小町』で三井文化財団の美術館に本面(日氷作)がある
といわれているものを作製したものだということだった。

 ネット検索すると、財団法人三井文庫 三井文庫別館蔵品図
録に北三井家から寄贈された能面55面のカラー写真と各面の解
説がされているとあり、おそらくそこに『老女小町』も図説さ
れているのでは。
 『老女小町』は絶世の美女とうたわれた“小野小町”の老残
の姿といわれ、老齢であり霊的なものを感じる中にも、気品や
美しさをもつ奥深い面であると。 
 よくはわからないが「老女小町」は「卒塔婆小町」や「檜垣」
や「姨捨」などに懸けられる面ということである。
http://homepage2.nifty.com/kakitsubata05/men/main.htm
http://www.nohmask21.com/mask-v/rojyo.html
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 興味津々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.