FC2ブログ
興味津々
日記です。
『芸術の秋』
天王寺ひみこblog01
10月31日(水曜日 ハロウイーンの日 数日前は渋谷
で大騒ぎ)  2ヶ月前だったか和歌山の先輩から、三
度目の挑戦で“、二科展(写真部門)”で入選したとの
ことで、二度目のご案内(招待券付き)がきたので、会
場である大阪市立美術館(10月30日~11月11日)で、
今日 拝見させていただいた。
 JR天王寺の改札口に出るや、奈良県桜井市の“ひみ
こちゃん”が出迎えてくれた。
 たくさんの寺院の紅葉を見に来てくださいのキャンペ
ーンであった。
大橋先輩の作品blog01
 作品は、先輩の地元、有田郡湯浅町は漁港で、シロ
ウオ漁を写されたもので、網をスクリーンに見立てた光
と漁師のシュリエット、その影に無心と力強さを感じた。
題材は「早春譜」である。
 後日、この漁法を先輩に聞くと“四つ手網”と言って、
漁場は海との河川口で、シロウオはカタクチイワシなど
の身体に色素のない白い色の稚魚(総称)をとる方法
であるとのことだった。 
 春の風物詩(シロウオまつり)であることも言われて
いた。
ルーブルの顔blogo1
 二科展は地下の展示場で、運良く同時にルーヴル
美術館展が1階で開催中(2018年9月22日~2019年
1月14日)だったので、さらに鑑賞を。
 写真は玄関ロビーで、中央の窓に顔をいれて、展
示されている著名な作品と一緒に記念写真を撮る思
考である。
スポンサーサイト



『米ちゃん情報』
奈良マンホールの蓋blog02

湖東マンホールの蓋blog01
上の“奈良市の蓋”は過去に取り上げたことはあるが、
この蓋は滋賀県湖東の金剛輪寺付近で撮影したとのこと
である。 デザインが知りたいので、地名らしい“秦荘(は
たしょう)”という字を手がかりに調べると、滋賀県愛知郡
にあった旧秦荘町が2006年に隣接する愛知川町と合併し、
愛荘町となっているらしい。
 ♯秦荘ーHash Tags-Deskgramで、この蓋のカラー版を
見つけると、ワッキー鉄蓋探訪からの引用だった。
デザインの鳥は“キジ”である。
高槻市安満遺跡の蓋blog01
 これも『米ちゃん情報』でわが町 高槻市の“安満遺跡”
(公園)を表現したもので、2017年に設置された。
 デザインは弥生時代の田んぼから見つかった弥生人の
足跡と古代米である。
 【米ちゃん 毎度のことながら ありがとうございます】
『秋祭り』
20181008神輿blog01
9月4日のわが町での台風21号の災害は屋根瓦はもち
ろん、公園の枯木や堤防の桜、神社の神木などが折れ
たり、根こそぎ倒れてリで、後片付けがままならないうち
に、24号、25号と続いた。 
 そして7,8日の祝祭日は“秋祭り”、 写真は野見神
社の神輿で、能舞台の中でスタンバイ。
 恩師の奈良のシカ様のお隣の鹿島神社の秋祭りは無
事できたのだろうか。 神社の世話係をまだされている
のか。 大変だったに違いない。
20181009金木犀blog01
 1周間前にご近所を歩いていて、金木犀の香り、もち
ろん秋を感じただけでなく、やっと静かな秋がきたと感
じた。
20181008不動明王blog01
 9月9日から取り掛かった不動明王、ちょうど1ヶ月後
の姿である。 頭髪、そして左手を切り離し、握り手を
作成中である。 
 何年でも待ちますといわれ、気軽に彫らしてもらって
いる。
201810-8不動明王blog02
[『秋祭り』]の続きを読む
『前ぶれ』
前ぶれblog01
 昨日(9月30日)の午前6時過ぎ、城跡公園から東の空。
 つまり台風24号が鹿児島沿岸に接近中で、当地では『
まえぶれ空』である(写真)。
 しかも 9月4日 全国各地に大きな被害をもたらした21
号と同じコースで上回る勢力とのこと。 紀伊半島上陸は
午後6時頃の予報。
 結果は、コースは忘れもしない“伊勢湾台風”と酷似し
たコースとなり、和歌山上陸で東海地方にかけてきつく、
西の大阪方面はありがたいことにさほどではなかった。
 しかし セッチャンは午後8時ごろに、我が家に避難し、
おさまった11時ごろには自分家へ。
 お陰様で翌日は普段どおりの生活に。
 何やら後を追うように25号も発生したとのこと。
 「いいかげんにしろ!」と言いたい。
前ぶれblog02
 貯水施設の工事現場での3機の重機たちは、転倒防
止のために頭を積み上げた土の上に。
前ぶれblog03
 2,30mもあるクレーンも地面にタッチ。
かわべマンホールの蓋blog01
  そして明るいニュースとして、友人 米ちゃんからプレ
ゼントを。 和歌山の御坊から道成寺付近で写したとコ
メントが。
 かわべという町名とデザインについて調べてみると、
川辺町は2005年5月に 旧川辺町、中津村、美山村が
合併し、日高郡日高川町となった。 道成寺への参道
にある旧川辺町のマンホールの蓋で、三人衆、 顔が
みかんで、この三人はすまいるブラザーズと呼ばれ、
「まちと」「きみと」「ゆめと」と名付けられていると記され
ている。 そして周囲の花はみかんの花である。
http://sky.geocities.jp/usagigasi1g/wakayama/hidakagawa/hidakagawa.html
copyright © 2005 興味津々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.