興味津々
日記です。
『茅の輪くぐり』
20170619茅の輪くぐりblog01

20170619茅の輪くぐりblog02
梅雨前線はまだ西の方で、当地では21日(水曜日)に豪
雨となる予報が・・・今のうちと思い、19日にラジオ体操へ。
 帰りのコースはお決まり野見神社から、すると鳥居越し
に『茅の輪』が見えた。 
 今日は『茅の輪』についてお勉強をしてみよう。

 神社では年に二回、大祓(おおはらえ)という儀式を行う。
6月の末と12月の末で、6月30日の大祓を夏越祓(なごし
のはらえ で茅で作った輪)。12月30日の大祓を年越祓
(としこしのはらえ 藁で作った輪)という。
 つまり 半年間にたまった、罪やけがれをおとすための
儀式である。 次の半年間、病気や災難にあわないよう
にとの意味も込められていとのことである。
 輪をくぐって出てるとは。新しく生まれ変わる。再生の
意味があるそうです。
 「拾遺和歌集」という和歌集に
「水無月の夏越祓するひとは、千歳の命延ぶというなり」
とあり、神社によってはこの言葉を書いた看板を置いてる
ところもあるそうである。 できれば唱えながらくぐってくだ
さいと。

一般的な作法は、茅の輪は三回通り抜けます。
まず、地の輪の前で一礼。
輪をくぐって左側にまわって戻ってくる。
輪をくぐって右側にまわって戻ってくる。
輪をくぐって前進。
8の字を描くようにまわる。
輪の真ん中ではなく、中心を外したところを回るのが作
法だそうだ・・・真ん中はなぜいけないのか、また新しい
疑問が。
スポンサーサイト
『月下美人』
月下美人blog01

月下美人blog02

月下美人blog03

6月15日(木曜日) 友人から『月下美人』の苗を頂いた。
過去に順ちゃんから頂いた苗で、挑戦した経験はあるが
草と間違われてセッチャンに引き抜いて捨てられたことが
あった・・・『美人薄命』。
 再度トライで、セッチャンにも説明し、『月下美人』が『結
果ブス』にならぬように手をかけるつもり。
 しかし花を見るのは早くて1年後・・・。
『レゴブロック』
レゴブロックblog01

レゴブロックblog02
6月14日(水曜日)だったかヨドバシカメラからLOFT そして
阪急梅田三番街を散歩、ちょっと疲れたがこのベンチには座
れなかった。 これはキディランドの出し物で、レゴブロックで
作った等身大のおじさんの横に座ってのカメラスポットである。
別のベンチを探して休憩に。
『マジック ハンド』
マジックハンドblog01
10日(土曜日) 梅田大丸内の東急ハンズに、前日のTVで
見た文具品を見に行った。 折れないシャーペン、 消せる
ボールペン、食品(例えばビーフ ステーキ、たこ焼き、マヨネ
ーズなど)の香りのする。 それぞれの異なるカラーのマジッ
ク マーカ (数種類の色を揃えて書くか、重ね書きすることで、
鼻を近づけると、ソースとマヨネーズがついたたこ焼きの臭が
したり、ハンバーグの香りがしたりする。 結局、使用頻度を
考えると・・・買わなかった。
 その代わり、おもちゃ売り場で面白い妖怪の紫色の手、
『マジック ハンド』を見つけたので購入。・・・寝転んだまま
リモコンや形態電話を取るのには便利である。
 日本の文具品は外国の観光者にもすごい人気で、TVでも
話題になっている。
沖縄展blog01
 『マジック ハンド』をカバンに突き刺したまま、阪急デパー
ト10階に・・・沖縄の展示会場、あらゆる食品、工芸品、や服
飾品など展示・・・ちょうど沖縄の三線でライブもあった。 曲
目は【花 : 川は流れて どこどこ行くの 人も流れて どこど
こ行くの ・・・】、 二曲目は【てんさぐの花(古い民謡):
てんさぐの花や チミさちにすーみて 親のゆーしぐーとや・・
・ 】
 地下一階から阪急デパートを出て、阪急電車に向かうと、
なんと 学生時代から大変お世話になった先輩とばったり。
感動のあまりお互いに手を取り合って・・・どちらもお連れさ
んが奥さんでよかった。
『動画から』
つばめblog01

つばめblog02

つばめblog03
前回の『朝ごはん』が、柏のTちゃんから絶大な評価を
いただいたので、さらに動画から静止画に・・・それでも
親つばめをクリーンに写すことができなかった。
それぐらいの速さである。
『朝ごはん』
20170531燕blog01
  5月31日の早朝、ラジオ体操の帰り、阪急電車のホーム
下のスーパーにパンとお茶を買いに寄り道をした。 今日は
カメラを持っていたので、外の通路沿いの外灯にツバメの巣
が外灯の数だけ・・・今年はスーパーの出入り口に一番近い
ところに新しい巣が・・・雛が4羽と思いきや5羽。
 夜の点灯時には熱くならないのか、もしかしてLEDなのか。
 母親なのか時々 『朝ごはん』(餌)を運んでくるが、あまり
にも早い口移し・・・シャッターのタイミングが合わない。
 10分ほどねばったが、諦めて帰宅。
20170603燕blog01
 そして今日 6月3日 スーパーから出るや、激しい雛の
泣き声・・・もしやと思いカメラを・・・通行人もレンズの先を
見ても忙しそうにお仕事に、中には不信人物を見るような
視線を受けてシャッターを。
20170603燕blog02
 どの距離から見えているのか、雛が一斉に大きな泣き
声とともに全員が黄色い大きな口を開けている。 しかし
親鳥は一羽だけにと思えるぐらい一瞬に・・・これを見て
いるとシャッターが間に合わない。
20170603燕blog03
 今日は20分ねばってみたが、親鳥の羽ばたく翼のみ
で諦めた。 しかし雛鳥の必死の形相を写すことができた。
 次回 まだ巣立ちしていなかったら 連写が動画で撮っ
てみよう。 ほんとに動物写真は根気がいる。
 ちょっと不思議なことは、雛が大きくなって、巣に満員に
なっているのに親鳥はどうして休んだり、眠っているのか
な?・・・もしかして目の届く別のところで休んでいるのか?
copyright © 2005 興味津々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.