興味津々
日記です。
『立本寺 その2』
立本寺blog06
鬼子母神のお堂の屋根で、鬼瓦・・・瓦の重なりと並びが古寺
の渋さを感じるが、再建がままならないような感じがした。
立本寺blog08
 樹齢を重ねた幹に、可愛いまた優しい顔を見せた桜花。
 多くの染井吉野は重みに耐えながら枝ぶりが目線まで。
京都路面電車跡blog01

京都路面電車跡blog02
 立本寺を右に出ると堀川に向かう ゆるいカーブで下る商
店街があり、その歩道に路面電車の図柄の敷石が・・・。
どうも 京都電鉄が明治期の北野線と堀川線を東西に連絡
する路線があったと思われる。
 堀川通にでて、市バスで四条河原町まで。
スポンサーサイト
『立本寺 その1』
立本寺blog01
4月12日 昼食後今年のお花見として、「先日 京都の立本寺 
(りゅうほんじ)は桜が素晴らしいのに拝観者が少ない穴場とし
てTVで放映していたよ! 日蓮宗らしい」・・・「鬼子母神像が
みれるかな」 「怖い顔かな? 優しい悟りを開いた顔かな?」
 では行こうと検索を・・・JR亀岡線円町駅下車徒歩15分らしい。
 なるほど 行ってみると拝観者は少なく 人が被らない桜を撮
影でき、本格的なカメラで撮影している人の割合が多かった。
立本寺blog02
 本堂の裏口に受付があり、鬼子母神像について聞くと拝観
できなく、あまり説明していただけなかった。
立本寺blog03
 本堂と鬼子母神のお堂との渡り廊下で、黒っぽい柱の枠に
のぞく桜がよかった。
立本寺blog05
 場所は離れたところに置かれているが、どうも本堂の屋根
の両端から落としているとゆからの雨水を受ける石器なのか。
浮かぶ花びらがよかった。才能があればそこで一句なのだが。

 【雨水に 浮かぶ散り花 名残りかな】
                     (ちょっと暗かったかな?)

 牧野の先輩 この写真で1句お願い申し上げます。                   
copyright © 2005 興味津々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.