興味津々
日記です。
『お出かけ その2』
 25日 かかりつけ内科医院でインフルエンザの予防
接種を受けに、セッチャンと一緒に出かけた。
 二人とも無事に受けて帰り支度中の会話である。
セッチャンが帽子をかぶり、顎に留めるゴムを調整しな
がら、急ににっこり笑いながら・・・・

 セッチャン:「古川橋の分校にいた頃(昭和  年ごろ 
相愛女専:女子専門学校在学中)、校庭内で山田耕筰
先生のかんかん帽が突風で飛ばされ、遠くその角まで
飛ばされ見えなくなってしまい、取りに行くのが面倒だ
ったのか、そ知らぬ顔をして行ってしまはった。 なんで
やろ不思議やったわ」、「後から 取りに行ったげたらよ
かったかなー」
 小生:「山田耕筰先生って あの“赤とんぼ”、“この道”、
“待ちぼうけ”の・・・?」、
セッチャン:「ふん」・・・
 小生「こんなおもしろい話 初めて聞いたわ」・・・
最近 セッチャンの口から、言い忘れていた古い古い思
いで話がチョコチョコ出てきているような気がする。
ヒトの頭(脳:側頭葉から)・・・これまでにしまわれてい
た記憶が、何かのタイミングで浮き上がってくるのでは
なかろうか。地震の後の液化現象の水のように。

検索すると・・・1937年(昭和12年)4月1日より開校(相
愛女子専門学校)に音楽科が設置され、山田耕筰科長
を中心とした女専音楽科が発足した。 またドイツより
ルドルフ・シャビュイ氏、1941年来日のエタ・ハーリッヒ=
シュナイダー女史が、着任されたと記されている。
 下記のhpを開くと古川橋分教場の校舎や校舎内部と
女学生たちの写真を見ることができる。この時代この環
境でセッチャンもいたのかと思うとほのぼのとするが、数
年後は太平洋戦争か? 大変な時代であった。

http://saranokikai.com/100history1.html   より
スポンサーサイト
『お出かけ その1』
べっぴんさんblog01
 11月20日 セッチャンが観世流の謡曲と仕舞を長期間
ご指導いただいた上野先生が、大阪城の近くにある“大槻
能楽堂”でご公演される案内を受け、「行ってみようかしら」、
ということで、小生と家内で現地まで同伴し、先生の演目だ
け観賞したら帰るとのことで、家内と二人で、その間大阪城
へ時間つぶしに散歩を。
 馬場町に向かって左に“国立病院大阪医療センター内の
緊急災害医療棟”、そして右に“難波宮跡”を通過し、再び
左に高層の歴史館とNHKのビルを仰ぎ見る。
時間も昼過ぎで、歴史館のレストランで二人とも“カツカレー”
であった。 写真は現在の朝ドラ“べっぴんさん”の出演者の
大きなポスターである。
大阪城blog01
 NHKの大河ドラマ“真田丸”がいよいよ最終章に入り、夏の
陣へと差し掛かっていくところで、また、TV番組“ブラタモリ”
で、真田丸と上町台地を案内したことで、紅葉も彩り、沢山の
観光客が、もちろん外国人観光客もワイワイガヤガヤであった。
 お城の東に大きな川(淀川 堀川)が東に流れているが、
堀の水は川から引きこんだものではなく、湧き水であるといわ
れている。水面に映す城壁は鏡で見ているようであった。
 櫓だけで天守閣は見えない。
大阪城blog02
 久しぶりの大阪城であるが、この角度からの大手門は初め
てかな。
大阪城blog05
 そろそろセッチャンのお迎え時間となり、急いで大手門を
くぐり、左にある西の丸庭園を通過し、右の修道館(柔剣道
場)懐かしいなと思いながら、タイムアップで大槻能楽堂へ
後戻り。 お互いに「よかった! よかった!」で帰宅した。
『京大農場の跡地』
安満遺跡blog01
 我が街 高槻市には安満遺跡の上に京大の農場、阿武山
古墳の上には京大の地震観測場があり、数日前阪急電車の
車窓から前者のみごとな金色の銀杏の葉っぱを見たので、
今日16日にカメラを持って散歩に。
 写真の建て看板にあるように、広大な緑の空間(甲子園球
場の約5個分)と国宝級の弥生遺跡(国史跡安満遺跡)を残
し、正面の研究所と銀杏並木を中心に左右に広大な土木基
礎工事中である。一次完成(オープン)は平成31年で、3年
後となる。
安満遺跡blog02
 左側にはエントランス広場と広大な雨水貯留施設の上に、
子ども未来館、と全天候型「子ども遊び施設」、水田施設な
ど、右側に屋内・外のパークセンター、遊戯エリア、多目的
広場などが設けられ、もちろん災害時の避難場所を兼ねる
施設でもあるらしい。
京大農場blog02
すばらしい興味ある建築物である研究所周辺と銀杏並木は
残されるらしい。「よかった! よかった!」
京大農場blog03
 なんの木か不明であるが、枝の着く位置が沢山重なった
特徴のある木であった。
『阪急電車にくらげ』
阪急電車にクラゲblog01
 11月3日(文化の日) まだ早いと知りつつも、紅葉いか
ばかりかと嵐山へ散歩。 阪急嵐山駅(終点)の右端の車
輌内で、子どもの目を引く“クラゲ”が昇降ドアのガラスにプ
カプカと、おもしろそうなので車内に入ると、係りのお兄さん
とお姉さんが子どもに“クラゲ”の説明・・・もっと見たければ、
京都の水族館にご来場ください。という広報活動であった。
 2両目の車内では、数種類の京都野菜が売られていた。
阪急電車にクラゲblog02
 刺されるととても痛い“カツオの烏帽子”も優雅に泳いで
いた。若狭高浜で小学校の臨海学校の時に刺された話を
係りのお姉さんにした。「へー」だけだった。
 いただいた名刺サイズのカードは、京都水族館開催4周
年に合わせて、11月は“チンアナゴ”の月とし、11月1日~
11月30日 チンアナゴだらけ(444匹)で、クイズにチャレン
ジしてチンアナゴ博士になろう!という案内カードであった。
なかのしま橋blog01
 写真は渡月橋に向かう側溝の川で、“なかのしま橋”を
渡ったところの欄干である。紅葉真っ盛りにはこの角度か
らの紅葉が見ごたえあり。
 欄干は随分古くなり、いつかは架け替えが必要となる
であろう。
なかのしま橋blog02
 その欄干のコグチで、亀裂や割れ目が沢山あり、白い
部分はカビであろう。 そういえば亡くなった親父がこの
角度から写真を写していたのを思い出し、親子というのは
同じような行動をとるのかなと思った。
 それから天龍寺→落柿舎→阪急四条河原町(バス)の
コースで日が落ちた。 
 就眠前の万歩計には11,509歩、10月26日(三十三間
堂)以来の一万歩超えであった。
『こづち』
島根西条柿こづちblog01
  10月30日(日曜日) 当地ではまだ紅葉とまではいかない
肌寒い日、さらに一枚重ねて大阪に。 数日前かニュースで
関東で8m以上の北風が吹けば“こがらし1号”と定義づけ、こ
の風が吹いたとか。その後“こがらし2号”が・・・そういえば春
は“春一番”で“号”とはいわない号ではない、また春二番は
ない。・・・なぜか?
 そうそう30日の話し。 グランフロント大阪付近で“島根の物
産展”をしていた。覗き込むとおもしろい形の柿・・・島根西条
柿で通称『こづち』という。「渋柿なんだけど、ドライアイスで処
理してるので、甘いよー」と渋い顔をしている叔父さん。「へー
 ドライアイスで?・・・」想像がつかないので、“いずも柿(甘柿
)”と“島根メロン”を合わせて購入。 来てそうそう結構思い荷
物でグランフロント大阪内を散歩。
 帰宅後、『西条柿』で検索すると:広島県の西条(現東広島
市)が原産で、東広島市にある長福寺にこの西条柿の古い記
録があり、それによると800年も昔からあったとされている。
昔は干し柿として食べられていたが、昭和になってからで、ド
ライアイスを使った脱渋が行われるようになってから一気に広
まったようである。
 西条柿の形は、側面に深い溝が入っているため、一般的な
柿やリンゴのように果実をまわしながら皮を剥いて行くことは
できないので、まず溝に沿ってナイフを入れ、縦に4等分に櫛
切りしてから、それぞれの皮を縦に剥いていくようにすると綺
麗にむけるとある。
http://foodslink.jp/syokuzaihyakka/syun/fruit/kaki5.htmより
        【脱渋の方法と用意するもの】
・渋柿10キログラム
・ドライアイス80グラムほど
・新聞紙
・ごみ袋(特大)
 (柿を全部入れても余裕があるくらいの大きさが必要)
・掃除機
・ティッシュ
・日本酒(大さじ二くらい)
(香り付けなので香りがいいものを使います)
・輪ゴム2・3本
1.ティッシュに日本酒を少量染み込ませ、ごみ袋の底に置く。
2.酒に当たらないように渋柿10キログラムをごみ袋に入れる。
3.新聞にドライアイスをくるみ、柿の上に置く
4.掃除機でごみ袋のなかの空気を抜きます。
さながら布団圧縮袋の様です(*´д`*)
5.ごみ袋の先の方を空気が入らないように輪ゴムでしっかり
止めます。ドライアイスが気化するとごみ袋がパンパンに膨れ
上がるので、なるべく先っちょで止めましょうヾ(^▽^)ノ
6.そのまま一週間待ちます。涼しい日陰で保存します。
7.袋を開けて、食べてみます。
・・・・・渋みの抜けた甘い柿の出来上がり。・・・と記されていた。
http://ameblo.jp/ishigurofarm/entry-10061023035.htmlより
         【食べるのを楽しみにしている】
渋皮煮blog01
 渋いといえば 京都の錦市場で買った“丹波栗3L”の渋皮煮
ができ、味が染み透ったかどうかの試食・・・「美味しかった!」
          【しばらくの贅沢なおやつに】
copyright © 2005 興味津々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.