興味津々
日記です。
『雨栗日柿』
錦市場若冲生誕300年blog01
30日(土曜日) 「まだあるかな 丹波栗?」と家内、「では
見に行こう」ということで午後から京都錦市場・・・ほぼ毎年
“丹波大栗の渋皮煮”を作っている。
 烏丸下車で市場へ、入り口に“若虫生誕300年”と大きな
垂れ幕、等間隔に寺町筋に出るまで垂れ幕が、そして写真
の左下は“錦天満宮”の鳥居である。
 実は10月19日に京都市立美術館での“伊藤j若冲展”に
いった。動植物の綵絵は生ける図鑑のようにも観えた。
雨栗日柿スケッチblog01
 寺町筋への出口付近のいつもの八百屋で栗1Kgを購入。
地面に、竹篭に入った毬栗(1個300円)、渋柿(1個50円)
を見て、これ定番的な季節の絵葉書の画材になるなと思い、
毬栗1個、渋柿4個をお願いすると、叔母さんが敷物に枝
着きの杉の葉をちぎって入れてくれた。 そのサービスに
加えて、御代はなんと400円・・・100円もおまけしてくれた。
 帰宅して早速、葉書きサイズに切ったブナの板にスケッチ
を・・・(家内の母親宛てに)。

『雨栗日柿(あまぐりひがき)』は雨の多かった年は栗の
実りがよく、陽射しの多かった年の柿は大変甘くて美味し
くなるという言い伝えだそうである。
         【渋皮煮が楽しみである】
スポンサーサイト
『興福寺』
興福寺blog03
 帰りに興福寺へ、先ずは国宝館(主に阿修羅を観賞)
から東金堂(国宝 薬師如来を中央に左右に月光菩薩
と日光菩薩で有名)そして五重塔を拝観した。 
興福寺blog02
 創建1300年を20年後にひかえ、平成10から興福寺
境内整備構想が策定され、中門と回廊基壇の発掘調査
と復元工事から開始され、中金堂の仮堂を解体し、その
基壇の発掘調査を行っているといわれている。続けて、
南大門、中室、北室、西室、経蔵、鐘楼、東金堂、北円
堂、などの回廊基壇の発掘調査と復元工事が予定され
ていると聞く。
奈良の鹿blog01
 過去に近鉄の西大寺の駅周辺で撮影したことがあるが、
奈良公園でも“鹿のフン”の匂いを感じながら撮影した。
お土産のお菓子に、“鹿のフン”と“鹿のはなくそ”を買っ
て帰宅した。
H28鹿石亭blog01
 鹿といえば10月23日 午後1時半から“鹿石亭一門の”
落語会が開催される。 招待状をいただいているので、
行くことにする。 
『世界遺産と国宝』
金剛力士blog02

金剛力士blog01
 10月10日は統計上晴天が多いと伝えられ“体育の日”とされ
祭日となっていたのが、近年 “体育の日”は第二月曜日で祭
日となっている。
 さて 久しぶりに奈良へ行こう・・・ということで正倉院展を待
たずにお散歩を・・・先ずは世界遺産の東大寺に。
 国宝の南大門 平安時代962年に台風で倒壊し、鎌倉時代
1199年に復興されたと記されている。
 高さ8.4mの阿形(左)、吽形(右)が仁王像として一般的では
ないのは左右が逆で、しかも両者が向き合っている。
東大寺blog03
 国宝の金剛八角燈籠(音声菩薩像 西北面)
大仏blog01
 大仏様も国宝で、正式名は“る舎那大仏”といわれ、太陽の
意味を持ち、「宇宙の中心から太陽のように照らし続ける仏
様」ということらしい。
柱くぐりblog01
 直径120CMの柱に大仏さんの鼻の穴と同じ大きさの穴が
開けてあり、潜り抜けることができれば“無病息災”のご利
益があるというのである。
【長蛇の列と小生の体形からしてトライするのをやめた。】
『大宮鉄道博物館 その3』
おめし列車blog01
 大宮鉄道博物館の続編です。 お召し蒸気機関車(C51?)
で昭和天皇がお乗りになった実物か? 
 京都鉄道博物館にもその先代の蒸気機関車車“C581”があ
った。
東京駅blog01
 東京駅丸の内はリニューアルされたが、当初の赤レンガの
真下のコンクリートにはつなぎとして、木片が繋ぎとしてであ
ろうか埋め込まれていた。
 写真はその断面を示している。
日本食道blog01
 「わぁー 懐かしい 日本食堂!」、お土産を買ってから、
昼食を。 何号車だったか、食堂車もビュッフェも利用する
のが楽しみであった。 当時は冷凍みかんもあった。
日本食道blog03
 もちろん小生は“カツカレー”、家内は“スパゲッティー ナ
ポリタン”を、全テーブルには“0系新幹線の図面”か“ダイ
ヤグラム”がプリントされていた。 マニアックな人には、どち
らに座ろうかと迷うのでは。
 そういえば小生の従妹がこの近くに住んでいるはず、せめ
て声だけでもと思い数回電話するも・・・。1日やっとつながっ
た電話から、驚きながらの声で、「今 枚方の実家に来てる
の・・・」・・・えっ、大阪の小生とさいたま市の彼女と、このタ
イミングで全くの行き違い・・・。
『大宮鉄道博物館 その2』
弁慶号7100形式blog01
 先月は京都の鉄道博物館に行ったが、それはそれこれは
これですごい迫力、特に在来線のなつかしい特急たちが。
家内はさらに去年 名古屋の博物館とリニアモーター館にも
・・・負けている。残念なり!
           写真は“弁慶号”
D51blog01.jpg
      段階の世代達のだれもが知っている“D51”
EF551blog01.jpg
 初期の電車で、顔がボンネットバスのような形で可愛い
というか愛嬌がある。ムーミーのカバのような形で、鼻に
EF551とプレイトが。
とき仙台行きblog01
 “とき” 仙台行き
ひばり カシオペアblog01
 右に“カシオペア”と左に“ひばり”が。
『大宮鉄道博物館 その1』
時刻表blog01
JR大宮駅から徒歩で5分 モノレールに乗り換え一駅で到着。
ゲートまでの広い通路には、日本の各方面の特急名と時刻
表が写真のごとくタイルにプリントされ敷き詰められ、天井に
はダイアグラムが描かれている。
 その通路の両脇に実物の機関車が陳列されている。
大宮鉄道博物館blog01
 背丈よりも高い動輪が。
大宮鉄道博物館blog02
 上の動輪の説明パネルには、1924年 ドイツの八つの
州有鉄道を統合して、国有鉄道公社の標準型の蒸気機
関車として、1925-38年まで231両が製造され、1970年
代まで活躍した。その動輪は直径2mで、蒸気機関車の
中でも巨大なものである。最大速度120Km/h 、まくら
木はその重量に耐えられる鉄まくら木が使用されたと記
されていた。
大宮鉄道博物館blog03
 機関車トーマスに出てくるような機関車。そして入場券を。
『さいたま市』
2016930柿blog01
 9月29日 久々に荻窪の母親(家内の実家)にご挨拶、
思いのほかお元気だったので一安心。
 庭の柿も豊作で、少しずつ色づいていた。
 「年末に向けての植木屋さんの出入りが大変」・・・と
母親が。
 柚がいっぱいできていて、荷物と一緒に宅急便で・・・。
さいたま市汚水blog01
 30日(さいたま市の大宮ソニックシティーでの学会 30日
は総会、10月1日2日は学術大会・・・せっかくなので 30日
の午後からの会合までに、午前中は家内と大宮鉄道博物
館へ・・・12時過ぎにはそれぞれ別行動で。
 もちろん下車するなり・・・恒例の“当地のマンホールの蓋”
探しに、うろうろ、キョロキョロ・・・まずは“汚水”用の蓋で、
左下はさくら草、上半分は欅である。右下は桜でしょうか。
さいたま市雨水blog01
 これは“雨水”用の蓋
さいたま市合流blog01
 これは“合流”と刻まれ、汚水と雨水の合流しているライン
の上にある蓋だと思われる。 大宮は“盆栽”で有名らしい。
そういえばJRの二階の広い構内で盆栽の展示会場の設営
中であった。2日(日曜日)の帰りには見れるか。
       【先ずは旅行先の第一目標は達成!】
copyright © 2005 興味津々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.